人手不足

介護の現場の課題はいかに成り手を増やすか

介護の現場の課題は成り手をいかに増やすか
介護の現場って課題おおいよな。一番はやっぱり介護をやりたい人が減っていること。新卒の子も入ってこないし、どこから人を引っ張ってきたらいいのかな?

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護の現場の課題は成り手をいかに増やすか
  • 現場の課題を解決したら介護の未来がみえる

介護の仕事15年以上ココパパ(@coco_883)です。

介護で働いていると、いろいろな課題が見えてきます。

中でも一番の課題というと、そもそもの成り手が減っている現状が挙げられます。

介護を志そうという成り手が少なければ、将来の介護職員もどんどん少なくなっていってしまいます。

介護ロボットやAIなどに期待がもたれているとはいえ、最低限の人材が確保されなければ介護は破綻してしまいます。

人材の確保に向けて動き出した、画期的なマッチングサービスを紹介します。

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護の現場の課題は成り手をいかに増やすか

介護の現場の課題はいかに成り手を増やすか

厚生労働省が出したデータ厚生労働省が出したデータによると、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になるため、介護職員の数が34万人不足すると言われています。

介護に興味をもつ人材を取り込んで、いかに介護職員としてなり手を増やしていけるかが切実な課題の一つです。

2025年はもうすぐやってきます。焦りましょう。

 

介護をやりたい人がいない

2025年には約34万人が不足すると言われている、介護職員。

もちろん、高齢者数が年々増え続けている現状が大きいのは事実です。

しかしそれに伴って、介護を志す人まで減っているのですから、将来にわたって人材確保は重要な課題の一つです。

介護の専門学校などはすでに定員割れを起こしており、人材確保は困難になっています。

いわゆる3Kのイメージなどにより、介護をやりたい人が少なくなっていることが考えられます。

 

介護3K
介護は3Kだから働きたくない?あなた次第で変えられるよ介護は3Kだから働きたくない?あなた次第で変えられるよ。きつい、汚い、危険などと言われる介護の仕事。見方を変えれば、3Kの中身も変わります。あなた自身が介護の仕事で何をしたいか?自分自身を振り返ってみてください。3Kに悩むあなたは必見です。...

 

いかに介護に興味をもってもらうか

ココパパ
ココパパ
まったく介護に触れたことがない人たちに、いかに介護に対して興味をもってもらうかがポイントです。

 

介護したことがない人たちには、介護職員が何をやっているか分かりません。

デイサービスでは、一体何が行われ、どのような場所かまったく思いつきません。

 

そういった人たちをいかに介護に取り込めるか。

いきなり介護の仕事を経験させたり、資格を学んだりといったことはハードルが高いです。

ボランティアにしても、無償で興味のない分野に来るのというのはなかなか困難ですよね。

 

介護ボランティア
介護のボランティアってどうやったらできる?介護のボランティアってどうやったらできる?介護施設などではボランティアを募集しています。主に社会福祉協議会などへ相談に行って、ボランティア活動行うと良いでしょう。介護のボランティアしたいあなたは必見です。...

 

マッチングサービスを活用する

スケッターピタケアなどのマッチングサービスでは、すきま時間を使って介助以外の仕事をして報酬をもらうことができます。

 

介護にちょっと興味があるけど、ボランティアはちょっとな。

 

介護の現場もみれて、お金もらえるならやってみようかなと背中を押してくれますよね。

スケッターは全国で募集していますが、地域によってはまだ働ける施設がありません。

ピタケアは東海地方限定です。

二つのサービスとも、今後需要が高まりマッチングの精度が上がっていくことが期待できます。

介護やったことがない人たちを取り込んでいくために、こういったマッチングサービスを活用していくべきです。

 

介護の人手不足を改善したいならスケッターを導入しよう
介護の人手不足を改善したいならスケッターを導入しよう介護の人手不足を改善したいならスケッターを導入しよう。スケッターは働き手を募集している介護施設と、介護に興味がある人をマッチングするサービスです。介護したことがない人も働けるのが特徴。人手不足を改善したい介護関係者の方は必見です。...

 

現場の課題を解決したら介護の未来がみえる

介護の現場の課題はいかに成り手を増やすか

介護に大切なのは、経営や運営、安心感など様々な要素が無数に折り重なっています。

ですが何より大切なものとして、現場職員の働きやすさも忘れてはいけません。

だって介護職員がいなかったら、お年寄りはご飯食べられないのですから。

濡れたままのおむつで、一日過ごさなくてはいけません。

そんなこと耐えられないですよね。

現場の介護職員をないがしろにしない、そういった姿勢が求められています。

 

成り手がいないと介護職員の負担が増す

ココパパ
ココパパ
人が辞めて入ってくる人がいなければ、残っている介護職員の負担は増します。

人がいないがゆえに業務量が増えたとしても、給料は変わりません。せいぜい残業が増えるぐらいです。

 

ストレスフルな状況に残った介護職員も疲弊してしまい、いずれはその人たちも辞めるという悪循環を辿ります。

職員が確保できないことにより、事業が運営できない会社もでてきています。

お年寄りのニーズが多くあったとしても、それを受け入れる職員がいなければ介護に未来はありません。

 

介護の人手不足は深刻だ~解決するためにできること
介護の人手不足は深刻だ~解決するためにできること介護の人手不足は深刻だ~解決するためにできること。ボランティアを積極的に受け入れたり、スケッターの導入をおすすめします。職員を雇用するだけではもはや問題は解決しません。スケッターは定額な料金で介助以外の業務をすることができる新しいサービスです。介護の深刻な人手不足に悩むあなたは必見です。...

 

現場に人が来てくれる喜び

介護の現場は、基本的に職員と高齢者しかいません。

家族が面会にきたり、ボランティアが多く訪れたりするところは、地域に開かれた良い施設です。

一方で交通に不便な場所にあるところでは、家族やボランティアも滅多に訪れないし閑散としています。

家族やボランティアが来てくれれば、お年寄りは喜びますし、職員も短時間でも任せられるので負担が減ります。

スケッターやピタケアの良いところは、立地に関わらず現場に人が訪れてくれるということです。

 

職員1人で高齢者10人を相手しなければいけないとしたら、どれだけの負担があるか理解できるでしょう。

高齢者との話相手でも、配膳でもそこに一緒にいてくれるという心強さは何物にも代えがたいものがあります。

 

また外部から人が来てくれることで、現場が活性化します。歌を唄ったり、内職を手伝ったり。

良い意味で現場に風を吹かせてくれるという期待感がもてます。

 

介護に興味をもつ人を増やそう

介護で働いている人達ですら、介護なんて・・・と思う人たちもいます。

そういう思いを抱いて介護から離れていく人達がいる一方で、介護をちょっとやってみたいという人達を増やしていかなければ未来はありません。

単純に見学するだけではなく、施設にいるお年寄りや職員と一緒に過ごすことで、より介護に興味をもってもらいやすくなりますよね。

 

介護ってこんなことやるんだ。

 

まずはそうやって興味を持ってもらう事からはじめてみたら、徐々に介護に興味をもつ層が増えていくのではないでしょうか。

 

現場の課題を解決すれば良い介護ができる

現場の人がいない感を払拭できれば、働いている介護職員の負担感は減ります。

そして介護に興味を持つ人が実際に現場を見る事で、介護職をやってみようという気持ちになるかもしれません。

お年寄りにしてみたら、話を聞いてくれたり一緒に作業してくれたりする人が来てくれるのですから嬉しいはずですよね。

そうやってスケッターやピタケアを活用する事で、お互いにwinwinの関係が築けるわけです。

将来にわたり介護職員を確保していきたいなら、今のうちから介護の現場に人を呼び込む努力を怠ってはいけません。