人手不足

介護の人手不足への対策はいかに興味を持ってもらえるか

介護の人手不足への対策はいかに興味を持ってもらえるか
介護って人が不足してるよな。対策ってどんなものがあるんだろう?そもそも介護士になりたい人が減っているから、これ以上人を増やすのって難しいと思うけど・・・。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護の人手不足への対策はいかに興味を持ってもらえるか
  • 人出不足への対策をしないと介護は崩壊する

介護の仕事15年以上ココパパ(@coco_883)です。

介護士になろうとする人は減少していて、2025年には約34万人もの介護士が不足すると厚生労働省のデータにより明らかにされています(第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数について)。

介護の学校も定員割れを起こしている状態で、今後ますます介護士への成り手が減ることが予想されます。

カギとなるのは、いかに多くの人に介護の現場に足を運んでもらえるかです。

介護に興味を持ってもらうことで、介護をやってみようという思いに至ることが期待されます。

単に介護士を増やすという視点だけでは、もはや問題の解決は難しくなっているということを理解しましょう。

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護の人手不足への対策はいかに興味を持ってもらえるか

介護の人手不足への対策はいかに興味を持ってもらえるか

介護をやり続けるには専門性が必要ですが、一方で誰でも気軽に始められるという特徴もあります。

介護に触れたことがない人や、そもそも関心がない人たちにいかに興味を持ってもらえるか。

介護士を育成して雇用するという、従来の取り組みだけではまったく解決できません。

興味のない人をいかに介護へ呼び込んで、やってみようかな?とちょっとでも思ってもらえるか。

そういった取り組みこそ、力を入れていくべきです。

 

介護士を増やしたくてもそもそも募集がない

ココパパ
ココパパ
介護を志そうという人が減っています。介護の学校では定員割れを起こし、そもそも介護士になりたいという若者が少ない状況が伺えます。

 

こうした背景には、介護に対するイメージがあります。

きつい汚い臭いといったイメージに加え、給料も安いなどとして介護に悪い印象をもっている人が少なくありません。

介護士になりたい人がいなければ、人出不足を補うこともできません。

介護業界もイメージアップをはかっていますが、なかなか若者に届いていない現状もあります。

芸人EXITのりんたろーさんのインタビューを見ると、介護の面白さがめっちゃ分かります!

 

 

まずは介護に触れてもらう

ココパパ
ココパパ
介護にいかに人を呼び込むかは、介護に触れてもらう機会への参加が必要です。

まったく介護をやったことがない人でも、介護に触れられる機会があれば介護を知るきっかけになります。

 

よく知らないものについては、誰も興味をもちません。

 

介護って分かるけど、実際老人ホームがどんなところか知らない。

 

介護福祉士って何をするのかわからない。

 

こういう層の人たちに働きかけて、実際の介護の現場を見てもらうことに意味があります。

その中で介護ってこんなことやるんだ、私でもできることありそうだなと興味をもってもらえるという期待が生まれます。

 

介助以外からはじめる

スケッターというサービスは、人材を希望する介護施設と働きたい人とをマッチングしてくれます。

ポイントは、介助以外の仕事をする人材を紹介するということ。

今までの考え方だと、介護施設で働くのであれば、介助ができないと雇用してもらえませんでした。

しかしスケッターでは介助以外の仕事をするので、食事や排泄といった介助は一切しません。

代わりにできることは以下のようなものがあります。

 

 

そんなことと思うかもしれませんが、どれも現場の介護士さんがあったらいいなと感じてることです。

感じているけど、介護士たちは介助に忙しくてとてもできません。

お年寄りと座って話をゆっくり話したいけど、その余裕がなくてできないのです。

現場としてもニーズがあり、かつスケッターの働き手も自分の特技を活かせるというwinwinの関係が特徴です。

同じようなサービスに、ピタケアというのもあって、こちらは介護と保育施設で同じように働くことができます。

 

 

人出不足への対策をしないと介護は崩壊する

介護の人手不足への対策はいかに興味を持ってもらえるか

介護士が34万人不足すると言われている2025年は、もうすぐ目の前です。

今から人手を集める対策をしていかないと、介護士にかかる負担はとてつもなく大きくなってしまいます。

外国人やAIなどと合わせて人手不足への取り組みが急務です。

さもないと、日本の介護が崩壊してしまいます。

 

外国人やAIと合わせて人材を増やす

介護の人手不足は深刻な課題となっており、国も本格的な政策に乗り出そうとしています。

外国人雇用者の採用やAIや介護ロボットを活用して、職員の負担を減らす取り組みがあります。

 

介護と外国人労働者
介護で外国人労働者とはたらくってどんな感じ?介護で外国人労働者とはたらくってどんな感じ?日本語がなかなか伝わらないというもどかしさはありますが、外国人は熱心に仕事をしてくれます。身振り手振りなどで、気持ちを伝えて暖かいケアをしてくれるでしょう。介護の外国人労働者に悩んでいるあなたは必見です。...

 

このうちどれか一つを行えば解決するものではなく、人手不足に関しては複数の取り組みを行っていく必要があります。

そして介護はやりがいがあって魅力があることを発信し続け、若者などに興味を持ってもらうような情報発信も継続していかなくてはいけません。

 

介護に興味ある人たちを増やす

ココパパ
ココパパ
介護の成り手を志そうとする人が減っている状況で、単純に介護士を増やすといった取り組みだけでは限界があります。

先に紹介したスケッターやピタケアのように、介護に触れたことのない人に現場を見てもらって興味を持ってもらうことが大切です。

 

介護と無縁な人が、いかに介護に携わってもらえるか。

介護を知ってもらう人が増えれば増えるほど、介護をやってみようという人が多くなる期待ができます。

またスケッターやピタケアのように、介助以外の仕事をやるというのもポイントです。

今まで企業では介護士の募集をしていたので、人員基準等で必要以上に職員を配置することができませんでした。

しかしスケッターやピタケアは介助以外を行う職員なので、人員基準には含まれません。

 

スケッターの挑戦
介護の人手不足解消のきっかけになるか?スケッターの挑戦介護の人手不足解消のきっかけになるか?スケッターの挑戦を紹介します。スケッターとは、介護士の介護以外の仕事を担います。具体的にはレクリエーションや家事、掃除など介護の資格がなくてもできること。スケッターに興味があるあなたは必見です。...

 

介助以外という大きなメリット

そして介護士がやろうと思ってもなかなかできない、高齢者との日常の関わりができるのがスケッターやピタケアの強みです。

 

  • 話をする
  • 一緒にお茶を飲む
  • 麻雀をする
  • 演歌を一緒に歌う
  • 内職をやる

 

利用者の娯楽や日常生活をサポートしてくれるといった点が、大きな魅力です。

 

介護施設のお年寄りは要介護度が高い人が多く、なかなか自分で活動ができる人ばかりではありません。

そうすると日中何もせずボーッと過ごすことも増え、認知症の進行を防ぐことが難しい現状があります。

かといって、介護職員がお年寄りの相手をするのも限界があります。

 

人員基準により職員の配置数が限られているので、食事や排泄などの介助をするのに精いっぱい。とてもお年寄りとゆっくり座って過ごす余裕がありません。

スケッターやピタケアが入ることによって、お年寄りとの関わりをもってくれるのでお年寄りもボーッとせずに楽しく過ごせます。

また職員も介助以外のことを任せられるので、介護職員の負担を減らすことができます。

 

介護士のマッチングはどこがおすすめ?【結論スケッターです】
介護士のマッチングはどこがおすすめ?【結論スケッターです】介護士のマッチングはどこがおすすめ?結論から言いますと、スケッターがおすすめです。介護の資格がなくてもできる、家事やレクリエーションなどを担ってくれます。介護士はその間にケアに専念できます。働きたい人と、人材が欲しい介護施設をマッチングしてくれます。...

 

ピタケアについて詳しくみる。

 

人手不足への対策をして介護を楽しもう

介護はもっともっと楽しめる職業です。

でも人手が足りないという理由で、ただ走り回っているだけの面白みのない仕事に成り下がってしまっています。

介護職員のやることが多すぎるのですから、それをスケッターやピタケアに任せて少し楽をしましょう。

そうすればお年寄りもやることができて喜ぶし、スケッターやピタケアを通して介護を知らない人にも現場のことを理解してもらえます。

皆がハッピーになれるよう、スケッターやピタケアを活用して2025年を前に介護に興味を持つ人を増やしていきましょう。