介護の資格

介護福祉士に合格するための暗記法

介護福祉士に合格する暗記法
介護福祉士の勉強でいい暗記法ってないかな?概論とか法律とか、なかなか覚えられないんだよな。いい参考書もあったら教えて欲しいな。

 

そんな悩みを解決しましょう。

 

本記事で伝えたいこと

  • 介護福祉士に合格するための暗記法
  • 介護福祉士の暗記法に最適な参考書
  • ベストな暗記法を見つけて介護福祉士になろう

記事を書いている私は、介護福祉士取得者です。筆記と実技試験を受けて、一発合格しました。

暗記ものは覚えるしかないので、かなり退屈な作業かもしれません。

しかし一つのワードを覚えていれば、それだけで合格に一歩近づきます。

準備する暗記集は一冊でOK。すきま時間をみつけて、その一冊を繰り返し覚えるようにしましょう。

合格できるための暗記法を、詳しく紹介します。

 

介護の転職を考えているなら、かいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることができます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

介護福祉士に合格するための暗記法

介護福祉士の暗記法

介護福祉士の資格をとるためには、例年1月に行われる国家試験に合格しなければいけません。

自分の得意な分野は良いですが、制度や法律などどうしても暗記が必要になってくるものもあります。

あなたに合った、効率的に暗記できる方法を見つけて実践していきましょう。

 

暗記集を一冊みつける

自分で暗記集を作ってもいいですが、時間がかかります。働きながら介護福祉士を受ける場合、受験までの時間が限られています。

その限られた時間をいかに効率的に勉強へあてられるかで、合格できるかが決まってきます。

自分のお気に入りの暗記集を一冊用意すると便利です。

本屋などで中身をみて決めてもらうと良いですが、おすすめは中央法規から出ている一冊。

中央法規は何十年と介護福祉士試験の参考書を出版しているという実績があり、信頼しておすすめることができます。

 

 

ポイントは一冊に集中するということです。

暗記集を何冊もっていても、そのすべてを覚えるなんて不可能です。

一冊を選び、その中でも自分が苦手な分野に特化して覚えるようにすると良いでしょう。

今はアプリも多数あるので、アプリをダウンロードして通勤の間などに暗記する方法も効果的です。

 

暗記する時間を作る

試験勉強とは別に、暗記するための時間を作りましょう。

時間はいつでも良いですが、あなたが決めた時間で続けた方が良いでしょう。

あくまでも私の経験ですが、仕事の休憩時間とか、電車での移動時間とかすきま時間を暗記する時間にあてていました。

電車での移動時間に勉強するというは、なかなか集中もできず難しいですよね。

でも単語一つと決めて、10分の移動時間のあいだにしっかり覚えることに集中するとできます。

 

すきま時間を有効に使う

上に述べましたが、電車での移動時間や仕事の休憩時間などのすきま時間を有効に使いましょう。

暗記は覚えるだけの作業なので、退屈になりがちです。

しかも法律や制度などつまらない内容を覚えることほど、苦痛なことはないですよね。

先ほど暗記のための時間をとると書きましたが、30分も作れないという方はすきま時間で暗記するのが良いでしょう。

移動時間の5分、10分だけ使って単語一つと意味を覚えると思えば気が楽です。

一日一個でも、毎日続ければ一か月で30個になります。

続けていくと余裕もでてきて、一日二個三個と増えていくでしょう。

 

介護福祉士に合格する勉強法
介護福祉士の勉強法【合格できるポイントとは】介護福祉士の勉強法【合格できるポイントを紹介】。合格者が実際にやっていた勉強法を紹介します。期間を決めて、いかに隙間時間を有効に使って勉強するか。また過去問を解くのも大切です。介護福祉士の勉強法を知りたいあなたは必見です。...

介護福祉士の暗記法に最適な参考書

介護福祉士の暗記法

暗記をするためには、あなたに合った暗記集を一冊見つけることが大切です。

二冊も三冊も買っても覚えられないので、一冊で十分です。

その一冊を繰り返し繰り返し、試験まで読み返して覚えていくようにしましょう。

 

中央法規

おすすめは、中央法規のらくらく暗記マスター2020です。

介護福祉士や社会福祉士などの国家試験参考書といえば、中央法規がテッパンです。

私も15年ほど前に、中央法規の参考書を使って介護福祉士に合格しました。

 

  • 毎年出版されているので信頼性が高い
  • 暗記は飽きやすいがキャラクターで楽しく学べる
  • さっと取り出せるようコンパクトな大きさ
  • 科目を①制度系②介護系③医学系の大きく3つに分け効率よく学べる
  • どの科目で問題を出されても柔軟に対応できるよう構成が工夫されている

 

どの参考書が良いか迷ったら、中央法規に頼れば間違いないです。

ユーキャン

おすすめの参考書、2つ目はユーキャンの「これだけ!要点まとめ」です。

資格に特化したユーキャンは信頼性があるとともに、ポイントが抑えられた内容になっているのでわかりやすいです。

 

  • よく出る重要項目を100テーマに厳選
  • 赤シートを使って穴埋め問題として使える
  • 使いやすいハンディサイズ
  • 図や表を使い分かりやすく解説している
  • 関連キーワードもチェックできる
  • 試験直前に役立つ資料編も使える

 

ユーキャンの良いところは、赤シートが使えることです。

赤シートを本にあてると、赤字で書かれた答えが消えるので自分の暗記力をチェックするのに使えます。

ワークノートとして書いて覚えるタイプもあるので、好みに応じて使い分けましょう。

 

ベストな暗記法を見つけて介護福祉士になろう

介護士目指し中
介護士目指し中
暗記って退屈だよなー

確かに。

でも覚えているかいないかで、試験の時に「あ~これなんだっけ」と悔しがることが少なくなります。

少なくなれば、それだけ合格率もあがるということです。

まずは自分がやりやすい暗記法を見つけましょう。

語呂合わせで覚えたり、苦手な分野を中心に覚えたりと方法はたくさんあります。

また朝起きてすぐ暗記するのか、すきま時間を活用するかなど、時間の使い方を工夫するとより効率的に暗記ができるようになります。

仕事をしているなら、どの時間なら勉強にあてられるのか決めましょう。

人によってベストな暗記法は違います。

あなたに合った暗記法や時間の使い方を決めて、日々取り組んでいきましょう。

介護福祉士に合格する勉強法
介護福祉士の勉強法【合格できるポイントとは】介護福祉士の勉強法【合格できるポイントを紹介】。合格者が実際にやっていた勉強法を紹介します。期間を決めて、いかに隙間時間を有効に使って勉強するか。また過去問を解くのも大切です。介護福祉士の勉強法を知りたいあなたは必見です。...