介護の資格

介護福祉士を独学で学ぶためにおさえたい5つのポイント

介護福祉士独学
介護福祉士って独学でも合格できるかな?受験対策講座とかあるけどお金もかかるし、わざわざスクールに通うのも面倒だしな。手軽に自宅で勉強して受かりたいな。

 

そんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容

  • 介護福祉士を独学で学ぶためにおさえたい5つのポイント
  • 独学でも介護福祉士は合格できる

 

記事を書いている私は、介護福祉士を所有。参考書で勉強して、一発で合格しました。

受験対策講座などを受けると、ポイントをしぼって学ぶことができます。

しかし費用もかかるし、通学の場合わざわざスクールへ通うので面倒に感じることもありますよね。

介護福祉士は参考書があれば独学でも合格できます。

独学での学び方について、くわしく紹介します。

 

介護の転職を考えているなら、かいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることができます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

介護福祉士を独学で学ぶためにおさえたい5つのポイント

介護福祉士を独学

介護福祉士は独学でも、合格できます。

合格するための5つのポイントは、下記の通りです。

 

  1. 良い参考書を用意する
  2. 計画を立てて勉強する
  3. 一日の時間の使い方を工夫する
  4. 自分に合った勉強方法を見つける
  5. 誘惑に負けない

一つずつ詳しく紹介します。

 

良い参考書を用意する

独学するにも参考書は必要です。

人によってはネット検索で済まそうという人もいるかもしれません。

しかしネット検索は、膨大な情報の中からポイントを見つけるのにとても時間がかかります。

しかも誰が書いているか分からないので、信頼性に欠けるというデメリットがあります。

あなたに合った参考書を一冊用意することで、それを繰り返し学ぶという方法が効果的です。

本屋さんで立ち読みして決めればよいですが、おすすめは中央法規。

上下巻なので2冊になってしまいますが、十年以上にわたり出版されているベストセラーなので安心感があります。

 

介護福祉士に合格する勉強法
介護福祉士の勉強法【合格できるポイントとは】介護福祉士の勉強法【合格できるポイントを紹介】。合格者が実際にやっていた勉強法を紹介します。期間を決めて、いかに隙間時間を有効に使って勉強するか。また過去問を解くのも大切です。介護福祉士の勉強法を知りたいあなたは必見です。...

 

計画を立てて勉強する

勉強する期間を決めて、計画を立てることをおすすめします。

計画性なくダラダラと勉強を進めてしまうと、苦手な分野はまったく勉強していないなんてことにもなります。

勉強を始める期間としておすすめなのは、6カ月前です。

一年だと長すぎですが、6カ月ならちょうどよく勉強が続けられます。

 

介護福祉士の勉強いつからやる?
介護福祉士の勉強っていつからやる?【結論:半年前がベスト】介護福祉士の勉強っていつからやる?はじめるなら、半年前がベストです。あなたの事情で選ぶと良いのですが、一年前だと気持ちが続かず、短かいと焦ってしまいます。実務者研修を受けるなら、計画的に勉強を進めていかないと終わりません。介護福祉士の勉強をいつから始めたら良いか分からない方は必見です。...

 

一日の時間の使い方を工夫する

勉強する期間の計画を立てたら、一日の時間の使い方も工夫する必要があります。

仕事をしながら勉強する人が多いと思うので、時間は限られていますよね。

 

朝は仕事なので、夜寝る前に集中して勉強する。

 

夜は眠くなっちゃうから、朝早く起きて勉強したい。

 

人それぞれですが、あなたに合った時間の使い方を実行しましょう。

朝弱い人がムリに早起きしようと思うと、長続きしません。

試験まで毎日コツコツと続けていくことが大切なので、ムリのない方法を見つけることが大切です。

 

介護福祉士に合格する暗記法
介護福祉士に合格するための暗記法介護福祉士に合格するための暗記法を紹介。暗記集を一冊決めて、すきま時間を有効に活用して覚えていきます。中央法規やユーキャンの参考書がおすすめです。時間を計画的に使って、効率よく暗記していきましょう。介護福祉士試験の暗記に悩むあなたは必見です。...

 

自分に合った勉強法を見つける

独学でやるって始めたけど、一人は辛いな~

 

独学でやるのはムリなくできていますか?

参考書を用意したはいいけれど、いつもスマホいじったりしてないですか?

あなたに合った勉強法を見つけて、コツコツ続けることが合格への近道です。

もし一人で勉強するのが辛いなら、受験対策講座へ通うのもアリです。

おすすめは、ユーキャンの介護福祉士講座

スクールが面倒くさいという方は、通信過程で学ぶこともできるのでそちらを利用すると良いでしょう。

 

介護福祉士直前対策講座
介護福祉士の直前対策講座ってどこがおすすめ?介護福祉士の直前対策講座ってどこがおすすめ?おすすめは6つ。スクールによって受講料0円や、通学&通信が選べるなど特徴があります。あなたに合ったスクールを選びましょう。直前対策講座を受けようと考えているあなたは必見です。...

 

誘惑に負けない

超大切な5つ目のポイントは、誘惑に負けないことです。

 

勉強はじめたけど、スマホゲームに熱中しちゃった・・・

 

友達とLINEしてたらもう夜の0時を回ってた・・・

 

試験勉強してると、こういうことってあるあるですよね。

確かなことは、試験までに勉強できる時間は限られているということです。

働きながら勉強している人はなおさらで、一日に勉強できる時間も2~3時間という方が多いのではないでしょうか。

誘惑に負けない、強い心をもって日々コツコツ続けられるかで合格できるかが決まります。

 

介護福祉士の試験って難しい
介護福祉士の試験は難しい?合格率7割だから意外といけるよ介護福祉士の試験は難しい?合格率7割だから意外といけるよ。一年間の計画を立て、あなたがムリなく勉強できる環境と整えます。すきま時間を活用するなど、続けられる工夫をしましょう。介護福祉士の試験を受けるという方は必見です。...

 

独学でも介護福祉士は合格できる

独学でも介護福祉士

5つのポイントをおさえて勉強をコツコツ続ければ、独学であっても介護福祉士に合格することはできます。

大切なのは、毎日地道に続けるということ。

一週間に一度まとめて勉強するという方法もありますが、日々習慣化することでより効率よく学ぶことができるようになります。

 

朝起きて顔を洗うのと同じように、顔洗ったら30分勉強するのを続ける。

30分コツコツ積み重ねたら、一カ月で900分。15時間もの差がつくのです。

良い参考書を用意して、地道な努力をして来年の春には笑っていられるように頑張りましょう!

介護福祉士の過去問はこちらから【合格するために慣れておこう】介護福祉士の過去問はこちらから【合格するために慣れておこう】。社会福祉振興・試験センターでは過去3回の過去問がみられます。また過去問解説集や無料アプリなども紹介しています。介護福祉士の過去問を知りたいあなたは必見です。...
介護福祉士に合格する勉強法
介護福祉士の勉強法【合格できるポイントとは】介護福祉士の勉強法【合格できるポイントを紹介】。合格者が実際にやっていた勉強法を紹介します。期間を決めて、いかに隙間時間を有効に使って勉強するか。また過去問を解くのも大切です。介護福祉士の勉強法を知りたいあなたは必見です。...
介護福祉士に合格する暗記法
介護福祉士に合格するための暗記法介護福祉士に合格するための暗記法を紹介。暗記集を一冊決めて、すきま時間を有効に活用して覚えていきます。中央法規やユーキャンの参考書がおすすめです。時間を計画的に使って、効率よく暗記していきましょう。介護福祉士試験の暗記に悩むあなたは必見です。...