介護の悩み

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策

介護ハラスメント
介護職

わがままな利用者や家族が多くて困る。どうしたらいいんだろ?毎日毎日いろんな人がいて対応に追われるよー。

 

そんなあなたの悩みを解決しましょう。

この記事の内容

  • 介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策
  • 介護におけるわがままな利用者や家族の実態を知ろう
  • わがままな利用者や家族に負けずに介護を続けるために

 

介護の仕事15年以上ココパパ(@coco_883)です。

わがままな利用者や家族っていますよね。

とても優しい方が多い中で、金を払ってるんだからとやりたい放題な利用者と家族もいます。

介護職に対する暴言や暴力、性的ないやがらせなど悩まされている方も多いのでは。

介護をする人は優しい人が多く、こうした介護ハラスメントに傷ついて辞めていく人もいます。

 

ココパパ
ココパパ
でもハラスメントに負けて介護が嫌いになって欲しくありません。しっかりと対策をおこなって、心優しい介護士がこれ以上傷つくのを防ぎましょう。

 

介護士の身は自分で守る。絶対に泣き寝入りなんかしないようにしましょう。

それでは紹介します。

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策は、以下のとおりです。

 

  1. 上司やチームで共有する
  2. 毅然とした態度で接する
  3. 誰かと共に行動する

 

利用者や家族からの介護ハラスメントは絶対にあってはならないことですが、残念ながら職場によっては存在します。

そうしたハラスメントに負けないために、できる対策を行なっていきましょう。

一つずつ解説します。

 

上司やチームで共有する

ココパパ
ココパパ
一人で抱え込まずに、あなたの上司やチームに相談しましょう。

 

利用者や家族から介護ハラスメントを受けたなら、まず身近な存在である上司や同僚に相談するのが良いでしょう。

身近な人に相談するメリットとしては、お互いが利用者や家族をよく知っているのでより具体的な対策を考えやすいことがあります。

全然知らない人に相談するよりも、相談しやすいですよね。

また職場の信頼できる人がフォローしてくれるならとても心強いですよね。

 

訪問介護のハラスメントを防ぐ!
訪問介護のハラスメントを防ぐ!自分の身は自分で守ろう訪問介護のハラスメントを防ぐ!自分の身は自分で守ろう。密室で行われる訪問介護では、ハラスメントが起こる恐れが高いです。職場はきちんと対応してくれますか?あなた自身の身は自分で守りましょう。ハラスメントに悩む介護士さん必見です。...

 

毅然とした態度で接する

ココパパ
ココパパ
なかなか難しいのですが、毅然とした態度で接して舐められないようにするのもポイントです。

 

威圧的にする利用者や家族の場合、下手に出ているとつけこんでさらにヒートアップする恐れがあります。

あなた自身が毅然とした態度で接することで、それ以上つけこまさないという姿勢が重要です。

もちろん同僚や上司からの後ろ盾が大切。

ただしあまりにも威圧的な言動をされて怖くて仕方ない、体調を崩してしまうなどの場合はうまく逃げることも必要です。

自分の体の様子をみて、もうこれ以上はムリだと思ったら顔を合わさないなど逃げられる体制を作りましょう。

 

介護士バーンアウト
介護職がバーンアウトしないためにできる3つの方法介護職がバーンアウトしないためにできる3つの方法を紹介。一人で抱え込んでしまい、燃え尽きそうになっていませんか?介護職でバーンアウトしそうなあなたは必見です。...

 

誰かと共に行動する

ココパパ
ココパパ
一人で立ち向かうのではなく、仲間と行動することが大切です。

 

一人で抱え込んで、家族や利用者に対応していこうとするとリスクが高いです。

 

ココパパ
ココパパ
あなたの発言を覚えているかもしれないし、言った言わないの問題に発展しかねません。

 

必ず誰かもう一人以上は職員を連れていざこざを防ぐ対策を図りましょう。

あなたを守ってくれるアイディアを出してくれるかもしれませんし、あなたの身代わりになってくれるかもしれません。

 

介護はチームワークが肝心
介護はチームワークが肝心!人間関係の悪い職場はすぐ去るべき介護はチームワークが肝心!人間関係の悪い職場はすぐ去るべきです。人間関係の悪さから、チームワークがとれていない職場はあります。他方、熱心な職員がたくさんいて、素晴らしいチームワークの職場もあります。チームワークに悩む介護士さんは必見です。...

 

介護におけるわがままな利用者の実態を知ろう

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策

実際にどういったわがままな利用者や家族がいるか、よく知っておくことで対策を練ることが可能になります。

厚生労働省の示した「介護現場におけるハラスメント対策マニュアルについて」をもとに、実体験も交えて紹介します。

 

介護ハラスメントを受けやすい職種

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策

介護ハラスメントを受けやすい職種としては、老人福祉施設が最も多く62%の介護士が被害を受けています。

次いでグループホーム、有料老人ホームの順です。

訪問系の介護士は施設系を下回るものの、決して少ない数ではありません。

 

介護ハラスメントの内容

介護士が利用者から受けた介護ハラスメントの内容は、どんなものが多いでしょう?

 

  • 訪問介護や通所介護などでは、精神的暴力が多い
  • 特養やグループホームなどでは、身体的暴力が多い

 

精神的暴力は、暴言を言われたり卑猥な言動をされたなどがあります。

身体的暴力は、殴られるなどの被害を指します。

訪問系は密室となるので、言葉で威圧してきたり、セクハラなどの言動を言われる恐れが高いんですよね。

また特養などは要介護度の高い高齢者も多く、認知症により急に暴力を振るうなどの行為も少なくありません。

 

ココパパ
ココパパ
私自身も利用者から唾を吐かれたり殴られたこともありました。同僚は認知症の方に殴られて、小指が変形してしまいました。

 

認知症介護のストレスを解消できる方法とは?
認知症介護のストレスを解消できる方法とは?認知症介護のストレスってどう解消する?認知症高齢者は今後も増える恐れがあります。なのでうまい対応方法を身につけておかないと、ますますイライラしてしまう日々が続きます。認知症のことを勉強したり、アンガーマネジメントを身につけるなど工夫が必要です。認知症介護でストレスを感じているあなたは必見です。...

 

介護ハラスメントの発生要因と課題

はたらく私たちにとって重要なポイントとなる、介護ハラスメントの発生要因と課題です。

 

  • 介護ハラスメントを受けても、管理者が十分に話を聞いてくれない
  • 職員側に問題があるかのように対応される
  • 介護ハラスメントを受けたと相談しにくい雰囲気が職場にある
  • 介護ハラスメントを受けた職員が、自分が我慢すれば良いとってしまう

 

興味深い事例も乗っていたので、紹介します。

 

ケアの現場において暴力や暴言、セクシュアルハラスメントがあっても、職員が、それらを暴力や暴言、セクシュアルハラスメントととらえていない結果として、相談が上がってこない面があると思います。

一部の事業所では、職員から相談を受けた管理者が「がまんして、訪問しろ」ぐらいのことを言っていると聞きます。やむを得ず、我慢して訪問をしている人は多いのではないでしょうか。

介護の現場で働く人は親切な人が多く、そのこと
が、我慢につながっている面もあるのではないでしょうか。

(厚生労働省 介護現場におけるハラスメント対策マニュアルについてより引用)

 

ココパパ
ココパパ
がまんして、訪問しろなんて恐ろしい言葉ですよね・・・。

 

あなたが働く会社によっては、こうして理解のない上司がいるかもしれません。

自分の身は自分で守る、この言葉の意味がよく理解できたと思います。

 

わがままな利用者に負けずに介護を続けるために

介護職がわがままな利用者や家族に負けないための3つの対策

介護ハラスメントの実態を知ると、ショックですよね。

どの職種でも介護ハラスメントを受ける恐れはあるし、また職場によって泣き寝入りせざるを得ないケースもあるんです。

 

ココパパ
ココパパ
介護が好きで仕事をはじめても、こうした介護ハラスメントを受けて職場を去っていく同僚を何人も見てきました。

 

介護ハラスメントに負けないためには、あなた自身が自分の身をきちんと守ろうとすることが大切です。

自分が我慢すればいい、どうせ言っても変わらない。こう思っていては、介護ハラスメントに負けてしまいます。

介護ハラスメントと闘っている介護士は、あなたのほかにも全国に何人もいます。

今回紹介した3つの対策を実践して、好きな介護を長く続けられるように頑張っていきましょう。

しかし会社があなたを守ってくれないのなら、いっそのこと職場を変えるという選択肢もアリです。

泣き寝入りを強いる会社で働きたいとは思わないですよね。

もう失敗しないためしっかり転職先について情報を集めて転職したいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

一人きりでの転職活動は不安が多いですが、転職エージェントなら担当者がついてあなたと一緒に情報を集めてくれます。

私がおすすめする介護転職エージェントは、3つあります。

 

 

上記3社は、大手の介護転職エージェントであり、紹介実績が数多くあるという安心感があります。

 

介護の仕事が初めてでも、資格がなくても全国の求人から紹介してくれます。

 

また介護の資格講座取得が0円になる制度もあるので、利用した方がゼッタイお得です。

かいご畑

かいご畑は、地元の求人探しを応援してくれるたのもしいエージェントです。

かいご畑のおすすめポイント
  • 資格なし&経験なしでもOKの求人が多い
  • 短時間や残業なしなど条件に合わせて選べる
  • 専任のコーディネーターが就職までサポート
  • 全国6,000件以上の求人を紹介している
  • 介護資格を実質0円でとることができる

 

かいご畑は介護の資格をもったコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護業界に特化した長年の実績があり、他社にはない高案件があります。

カイゴジョブおすすめポイント
  • 月間40万人以上が利用しているマザーズ上場企業
  • 介護業界に特化しているので信頼できる
  • 月25万円以上など高給与の求人も多数
  • 職員が寄より良い転職をサポートしてくれる
  • 就活フェスなどで職場の雰囲気など教えてくれる

 

カイゴジョブは上場企業ですし介護業界に特化してきたという、絶大な安心感があります。

きらケア

きらケアは、あなたの希望に沿った仕事を見つけやすい転職エージェントです。



きらケアも、専任の担当者がついて転職後までしっかりサポートしてくれます。

 

きらケアおすすめポイント
  • 年間累計利用者数80万人の実績
  • 専任の担当者が就職した後までフォローしてくれる
  • 給料の日払いや週払い制度にも対応
  • 無料の資格取得支援制度あり
  • 職場見学することも可能

 

きらケアは派遣もあるので、副業をしながらサクッと働きたいあなたにピッタリです。

 

わがままな利用者や家族なんかに負けるな!

働く介護士にとって、わがままな利用者と家族は敵でしかありません。

しかしながらその介護ハラスメントに屈している介護士も、少なからずいます。

そして介護士を守ってくれない会社もあるのが事実です。

仲間とともに懸命に頑張っても報われないなら、その会社にこだわる必要はないと思います。

あなたが輝ける場所は、ほかにもあるかもしれません。

介護ハラスメントに負けないで、安心して働ける職場で介護を楽しめるように行動していきましょう。

 

介護の転職エージェントおすすめランキング
介護の転職エージェントおすすめランキング|ベスト3を比較介護の転職エージェントおすすめランキング|ベスト3を比較!かいご畑、きらケア、マイナビ介護職。それぞれに特徴があるので、違いをよく知って失敗しない転職をしましょう。おすすめの介護の転職サイトを知りたいあなたは必見です。...