介護の悩み

介護福祉士と看護師の違いって何?似ているようで全然違う

介護福祉士と看護師の違い
介護と看護の違いって何だろう?同じような仕事にみえるけど、どんな違いがあるのかな?将来、介護福祉士になるか看護師になるか決めるのに参考にしたいな。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護福祉士と看護師の違いって何?
  • 介護と看護~職種、資格、仕事内容の違い
  • 介護福祉士と看護師はお互いに補い合う

 

記事を書いている私は、介護の仕事を15年以上経験してきました。

介護と看護は共通の部分はありますが、福祉職と医療職という絶対的な違いが根本にあります。

そのためお互いにできることとできないことがあるので、よく認識しておきましょう。

また介護と看護であなたがどちらをやりたいのか、明確に決めておく必要があります。

介護福祉士と看護師の違いについて、くわしく紹介します。

 

介護の転職を考えているなら、かいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることができます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

介護福祉士と看護師の違いって何?

介護福祉士と看護師の違い

介護と看護は似ているようで、全然違います。

介護は生活全般の支援を行いますが、看護は医療として最大限の健康を取り戻せるよう支援をします。

介護福祉士と看護師の違いを、職種や資格、仕事内容に分けて詳しく解説します。

 

介護と看護~職種の違い

根本的に違うのは、介護福祉士は福祉職、看護師は医療職という職種です。

 

介護福祉士は介護のプロとして、高齢者などの生活全般を支援する役割があります。

一方看護師は、医療のプロとして、高齢者などが健康になるために必要な処置を行ったりする役割があります。

 

看護師が介護を行うことはできますが、介護福祉士が医療を行うことはできません。

詳しくは、以下の資格の違いで説明します。

 

介護と看護~資格の違い

介護福祉士は介護の国家資格であり、国家試験に合格することで取ることができます。

介護福祉士になれるルートとしては、以下の方法があります。

 

介護福祉士 ケアマネ

(社会福祉振興・試験センター公式サイトより引用)

 

  • 養成施設ルート
  • 実務経験ルート
  • 福祉系高校ルート
  • 経済連携協定(EPA)ルート

 

介護福祉士のやりがい
介護福祉士のやりがいはどこにある?介護のプロとして専門性を高める介護福祉士のやりがいはどこにある?世代を超えて交流できる介護。介護のプロとして専門性を高められるというやりがいがあります。あなた次第でやりがいはいくらでも見つけられます。介護福祉士でやりがいがないというあなたは必見です。...

 

看護師も国家資格であり、国家試験に合格することで得られます。

 

介護と看護の違い

(ベネッセマナビジョンより引用)

 

  • 大学(看護学系学部)
  • 3年制短大(看護学科など)
  • 看護学校・養成所(3年制&4年制)

 

介護に携わっていると、褥そうなどの処置を行う場面に出会います。

褥そうの処置は医療なので、介護福祉士が行うことはできません。

大学等で看護学を専門に学び、国家資格である看護師資格をもっている看護師でなければできないのです。

 

例外的に喀痰吸引と経管栄養については、喀痰吸引等研修を修了していれば介護福祉士でも行うことができます。

 

介護福祉士ができる医療行為
介護福祉士ができる医療行為ってどんなものがある?介護福祉士ができる医療行為ってどんなものがある?喀痰吸引や経管栄養等があります。ほかにも医療行為の対象外とされたものもあります。介護福祉士や実務者研修を修了していること、専門の研修を修了することで行うことができます。介護福祉士が行える医療行為について知りたいあなたは必見です。...

 

介護と看護~仕事内容の違い

仕事内容については、生活の介助については介護福祉士、医療については看護師といった違いがあります。

一方で仕事内容については、介護と看護でつながっている部分もあります。

というのも、介護と看護は同じフィールドで仕事する場面があるからです。

特別養護老人ホームなどの職場を想像してもらうと分かりやすいです。

 

特別養護老人ホームには、介護福祉士とともに看護師も働いています。

高齢者の中には褥そうの処置など医療が必要な人もいて、看護師が処置をします。

そして褥そうがひどくならないよう、2時間おきに体位交換をする必要があります。

今度は介護福祉士が、体位交換を行うのです。

 

この高齢者には、介護と看護が連携して一体的に関わる必要があります。

そうしなければ、状態がどんどん悪くなってしまうからです。

介護福祉士と看護師がお互いに連携し合いながら、高齢者に関わることで健やかに生活してもらうことができます。

 

介護士の仕事内容ってどんなものがある?
介護が未経験だとどんな仕事内容がある?働く場所はある?介護士の仕事内容は、どんなことするのでしょう?本記事では介護士の仕事内容について、職種ごとに具体的に解説します。介護士がどんな働き方をしているか知りたい方は必見です。...

 

介護福祉士と看護師はお互いに補い合う

介護福祉士と看護師の違い

介護福祉士と看護師は、職種から仕事内容について違いがみられました。

しかしながら、同じフィールドで働くことも珍しくなく、介護と看護は相互補完的な関係にあることが分かります。

 

看護師
看護師
日常のケアについては、介護福祉士さんお願い

 

介護福祉士
介護福祉士
医療に関しては、看護師さんにお願いしよう

 

お互いの得意分野があるので、餅は餅屋でそれぞれに頼むと良いでしょう。

くれぐれも、介護福祉士が医療を行うことはできないということは頭に入れておきましょう。

 

介護福祉士ができる医療行為
介護福祉士ができる医療行為ってどんなものがある?介護福祉士ができる医療行為ってどんなものがある?喀痰吸引や経管栄養等があります。ほかにも医療行為の対象外とされたものもあります。介護福祉士や実務者研修を修了していること、専門の研修を修了することで行うことができます。介護福祉士が行える医療行為について知りたいあなたは必見です。...