ケア方法

介護士の声かけってどんなものがいいの?

介護士の声かけ

介護士だけど声かけって難しいよね。丁寧にしすぎても気持ち悪いって言われるし、かといってため口だと怒るし。対応する高齢者によっても変わるから、本当に気をつかうわ。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護士の声かけってどんなものがいいの?
  • 経験を積むと声かけの上手な介護士になれる

介護の仕事15年以上ココパパです。

高齢者への声かけって難しいですよね。

あまり幼稚な言葉を使うと失礼になりますし、丁寧すぎても嫌がられる場合があります。

たかが声かけと思っていい加減に高齢者へ接していると、信頼されなくなってしまいます。

ケースバイケースで、その方に応じた声かけを判断していくことが大切です。

介護士の声かけについて、詳しく紹介します。

 

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

介護士の声かけってどんなものがいいの?

介護士の声かけってどんなものがいいの?

高齢者への声かけは、正解というものがありません。

ケースバイケースで、その方に合った声かけを選んで使い分ける必要があります。

また職場の考え方によっても異なるので、先輩の声のかけ方などをよく見ておくことも大切です。

 

高齢者が変われば声かけも変わる

例えば長年会社員として勤め上げて、管理職までいったお年寄りも中にはいますよね。

プライドの高いそんな方に、タメ口を聞いたらどうなるかわかったもんじゃありません。

 

介護士
介護士
◯さん、ちょっとこっちへ来てもらっていい?

 

高齢者
高齢者
ワシを誰だと思ってるんじゃ!

 

認知症がなくてしっかりしている方なら、即クレームとなってえらい騒ぎになります。

かと思えば、田舎の方にいけば砕けた言葉遣いの方がいいというお年寄りも多くなります。

 

介護士
介護士
△さん、これから一緒に洗濯物を畳んでいただけないでしょうか?ご都合悪かったら、全然構いませんので。

 

高齢者
高齢者
あーんた、何かしこまってんだね?

 

この場合だと、却ってかしこまりすぎて気持ち悪がられてしまいます。

最悪、あの人は丁寧すぎて嫌だと言われるかもしれません。

こんな感じで、お年寄りが変われば声のかけ方も変わります。

だからコレが正解というものはないのです。

高齢者に対してのコミュニケーションの取り方については、下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

 

介護のコミュニケーション
介護のコミュニケーションで気をつけたい5つのポイント介護のコミュニケーションで気をつけたい5つのポイントを紹介します。お年寄りの目線に合わせて話をすることはもちろん、職員間でのコミュニケーションも大切です。楽しく介護するために、職場でのコミュニケーションを工夫しましょう。...

 

職場の考え方によっても声かけは変わる

もう一つ大切なことは、職場の考え方も大きく影響するということです。

 

有料老人ホームなどでは、高齢者をお客様と呼ぶところもあります。

ホテルのようなサービスを提供するので、介護の現場で働いていた者からみると、ちょっと異質のようにも感じます。

しかしそこは職場の考え方なので、丁寧な言葉遣いと対応を行うべきとされているのです。

 

一方では、あえて丁寧な言葉づかいをしないという考え方の職場もあります。

あまりかしこまらずに、高齢者に親しんでもらおうという狙いがあって、あえて砕けた言葉遣いをするところもあります。

 

介護士
介護士
◯さんお茶でも飲んで、ゆっくりすればいいじゃん。

 

田舎のよくある風景のように、和やかな雰囲気を演出するためにあえてそういった言い方を選ぶところもあります。

このように職場の考え方によって、声かけや対応が変わるということを理解しておきましょう。

 

経験を積むと声かけの上手な介護士になれる

介護士の声かけってどんなものがいいの?

お年寄りによって、また職場の考え方によって、声かけは変わってきます。

ではそのような声のかけ方をどうやって使い分けていったら良いのでしょう?

初めは先輩の声かけを真似して、徐々にあなたなりの方法を見つけると良いです。

何度も失敗して経験を積むことで、上手な声のかけ方を身につけることができます。

 

初めは先輩の声かけを真似しよう

慣れないうちは、どうやって声をかけたら良いかパニックになるでしょう。

 

介護士
介護士
あのー、えーと・・・

 

なんて言っていいかわからないので、無口になってしまう人もいます。

それでは介護のプロにはなれないので、そんな場面でも喋っていくことが大切です。

そうは言ってもどうやって話しかけたらいいかわからないなら、先輩の声かけを真似するのが良いです。

 

うまーく高齢者に話しかけている先輩っていませんか?

◯さんの時には丁寧な言葉遣い、△さんの時には砕けた話し方。

こんなふうに上手な声かけができる人は、人や場面によって使い分けています。

あなたの周りの上手な声かけができる先輩を見て、その話し方を真似て見るとよいでしょう。

 

https://sophiapapa.com/kaigo-kenshu/

 

何度も試行錯誤して声かけが上手になる

高齢者と日々接しているうちに、どういう言葉かけがいいのか自然と身についてきます。

目の前の高齢者を相手しているのではなく、いろいろなことを考えて接しているはずだからです。

 

  • どういう生活歴があるのかな?
  • 仕事は何をしていた?
  • 家族とは仲がいいのかな?
  • 出身は都会?田舎?

 

そういったさまざまな要素を知っていくと、あぁこの人には少し砕けた方がいいんだとだんだんわかってきます。

そういった情報をチームで共有していくと、あなた一人でどうやって声かけしたら良いか困ることもありません。

介護は一人でしているわけではないので、先輩を頼ったり、チームで情報共有することであなたの悩みを解決していきましょう。

ちなみにチームとして人間関係が悪い職場だと、悩みが消えずにあなた自身が潰れていってしまいます。

その辺のことは下記の記事に書いてあるので、参考にしてください。

 

介護はチームワークが肝心
介護はチームワークが肝心!人間関係の悪い職場はすぐ去るべき介護はチームワークが肝心!人間関係の悪い職場はすぐ去るべきです。人間関係の悪さから、チームワークがとれていない職場はあります。他方、熱心な職員がたくさんいて、素晴らしいチームワークの職場もあります。チームワークに悩む介護士さんは必見です。...

 

良い声かけを身につけて介護士として成長しよう

どういう声かけが良いのかの答えは、現場にたくさんヒントが散らばっています。

 

  • 先輩を真似ること
  • お年寄り一人ひとりのバックボーンを知ること
  • 職場の考え方を理解すること

 

こうした一つ一つを丁寧にすることで、自然と声かけがうまくなっていきます。

声かけがうまくなると、高齢者とのコミュニケーションも弾んで楽しくなってくるので一石二鳥ですね。

慣れないうちは声かけで悩んで、仕事に来ることも憂鬱に感じるかもしれません。

でも軌道に乗ってしまえば、たとえ新しい利用者さんが入ってきても安心して対応することができるようになります。

日々の声かけを丁寧にして、お年寄りに好かれるような介護士を目指していきましょう。