人手不足

介護士のマッチングはどこがおすすめ?【結論スケッターです】

介護士のマッチングはどこがおすすめ?【結論スケッターです】
介護士のマッチングってどこで登録したらいいのかな?介護の仕事に興味はあるんだけど、正直そんなに自信ないし・・・。気軽にマッチングできるのがあったらいいんだけどな

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護士のマッチングはどこがおすすめ?
  • 介護士のマッチングが必要な理由とは?

介護の仕事15年以上ココパパです。

現場で足りない介護士は、企業側からしたら喉から手が出るほど欲しい存在ですよね。

介護に興味のある人と働き手を募集する企業とのマッチングができるのが、スケッターという新しい形です。

すきま時間を使って、気軽に介護施設で働いたり、レクや傾聴など欲しい役割を任せたりすることができます。

 

 

働き手と企業、双方にとってwinwinの関係になれる介護のマッチング事業について紹介します。

 

介護福祉士の勉強は生涯学習のユーキャンがおすすめです。知名度バツグンの信頼性があり、教材も分かりやすいです。計画的に勉強できるのが嬉しいですね。

 

介護士のマッチングはどこがおすすめ?

介護士のマッチングはどこがおすすめ?【結論スケッターです】

介護士のマッチングにおすすめなのは、スケッターです。

スケッターの働き手は、介護の資格がなくてもできるレクリエーションや家事などのサービスを提供。

資格がないとできない介護の仕事は、施設の介護士が行います。

そうやって分業することで、施設の介護士の負担が減り、介護離職を減らせるというメリットがあります。

 

介護のマッチングならスケッター

スケッターは、株式会社プラスロボが提供するスキルシェアサービス。

スケッターでは、介護施設に必要なスキルをもつ人材を抱えています。

人材を必要としている介護施設へ紹介するサービスを行っています。

ポイントは、介護の資格がなくてもできるスキルの提供です。

 

ココパパ
ココパパ
介護士は専門性が必要ない仕事まで、なんでもやりすぎていますよね

 

  • 居室や共用部分の掃除
  • 洗濯して干したり畳んだりする
  • 食事を配膳する
  • 食べ終わった後の食器を洗う

 

こういった仕事は、介護の資格がなくても誰でもできることです。

でも現状は介護士が担っており、大きな負担になっていることも事実です。

これらの仕事をスケッターのホストがやってくれるので、介護士はその間に専門的なケアに関わることができます。

 

スケッターの挑戦
介護の人手不足解消のきっかけになるか?スケッターの挑戦介護の人手不足解消のきっかけになるか?スケッターの挑戦を紹介します。スケッターとは、介護士の介護以外の仕事を担います。具体的にはレクリエーションや家事、掃除など介護の資格がなくてもできること。スケッターに興味があるあなたは必見です。...

 

スケッターで働く人ってどんな人?

スケッターのホスト(働き手)は、介護の資格がない人もたくさんいます。

約300人のホストが登録していて、400以上の仕事数からマッチングすることができます。(2019年6月現在)

 

  • 現役介護職員
  • 元介護職員
  • 学生など就職希望者
  • インストラクター
  • 漫才師
  • 美容師
  • デザイナー
  • マジシャン

 

こういった特技をもつホストがいて、介護施設が必要としている人材とマッチングできるわけです。

 

介護に興味があったけど、資格がなくてためらっていた人もスケッターを通じて介護施設で働くことができるようになります。

また就職や転職希望者が現場で働くことで、どういった介護施設なのか自分の目で見て確かめられるというメリットもあります。

 

スケッターのホストの仕事として、高齢者の話を聴くとか、レクリエーションなどもあります。

認知症高齢者を相手に話を聴いたりレクリエーションをしたりするのは、専門性も求められますよね。

しかし現役や元介護職員もいて、認知症に関する知識をもっているホストもいます。

一方で、レクリエーションに慣れているので、どういった相手でも上手にできるというホストもいます。

うまくマッチングすることで、高齢者も楽しく、また介護士も楽になるという関係性が生まれます。

 

介護士の不足を解消するため施設職員の配置を効率化へ
介護士の不足を解消するため施設職員の配置を効率化へ介護士の不足を解消するため施設職員の配置を効率化へ。政府が示した改革工程表では、「施設の職員配置に係る人員ベースでの効率化」として、マンパワー不足に関する対策を位置づけています。少ない人手で何ができるか?介護士不足に悩むあなたは必見です。...

 

介護士のマッチングが必要な理由とは?

介護士のマッチングはどこがおすすめ?【結論スケッターです】

介護のマッチングが必要な理由は、二つあります。

一つは上で述べたように、介護の現場で必要な人材を提供できること。

もう一つは、将来不足するであろう介護士を確保するためです。

 

絶対的に介護士は不足する

2025年には、団塊の世代がすべて後期高齢者となります。

そして不足する介護士の数は、なんと30万人にも及びます。

増え続ける要介護高齢者を支える若者は、どんどん少なくなってしまいます。

こうした事態に歯止めをかけようと、スケッターが一役買っています。

 

 

介護の資格がなくても気軽に介護施設で働けることで、将来介護士として働いてみようかなという人材を増やすことができます。

また今までは閉鎖的であった介護施設をオープンにすることで、若者の介護に対するイメージを変えるきっかけにもなります。

スケッターを通じて働いてお金がもらえるだけでなく、介護施設に対して良い印象を植え付けることも可能なのです。

 

介護3K
介護は3Kだから働きたくない?あなた次第で変えられるよ介護は3Kだから働きたくない?あなた次第で変えられるよ。きつい、汚い、危険などと言われる介護の仕事。見方を変えれば、3Kの中身も変わります。あなた自身が介護の仕事で何をしたいか?自分自身を振り返ってみてください。3Kに悩むあなたは必見です。...

 

生き残るためには開かれた介護施設でなければいけない

今は特養であっても、経営が成り立たずに倒産しているところがあります。

地域の中で生き残っていくためには、地域に開かれた施設である必要があります。

またあの施設で働きたいという、魅力ある場所である工夫も必要です。

スケッターを通して評判が広がれば、働き手の数だけでなく、入所したいという高齢者とその家族も増えるでしょう。

そうやって今から生き残る努力をしてこそ、介護士が30万人不足する2025年問題を乗り切っていけるのです。

 

介護の外国人労働者
日本の介護を支えるのは外国人かもしれない【国を越える青森の事例】日本の介護を支えるのは外国人かもしれない。国を越える青森の事例を紹介します。海外から外国人を呼ぶだけではなく、海外に施設を作り日本式の介護を学んでもらう土壌を作った青森の事例。短期間でも日本で働くということが定着すれば、かなり助かります。外国人雇用に悩む介護士さんは必見です。...

 

介護士のマッチングを事業を広めよう

ハローワークに登録して、求職者を待っているだけの時代はもう終わりました。

企業側からどんどん積極的に働きかけていって、働きたいと興味をもってくれる人を集める工夫が必要です。

スケッターの利用料は、月2万円から5万円とリーズナブルになっているので導入しやすいという特徴があります。

まだ登録者も少ないのが現状ですが、ニーズと働き手が増えれば今後全国にも拡大してくるでしょう。

少しでも介護に興味をもってくれる人をふやすきっかけとして、マッチング事業のスケッターを活用していきましょう。

 

スケッターの挑戦
介護の人手不足解消のきっかけになるか?スケッターの挑戦介護の人手不足解消のきっかけになるか?スケッターの挑戦を紹介します。スケッターとは、介護士の介護以外の仕事を担います。具体的にはレクリエーションや家事、掃除など介護の資格がなくてもできること。スケッターに興味があるあなたは必見です。...