介護の悩み

介護現場でのペーパーレスって必要?サビ残がなくなるかも

介護現場でのペーパーレスって必要?サビ残がなくなるかも
介護士だけど、今度ペーパーレスになるって言われたんだ。紙の記録がなくなって、タブレットとかで入力するらしくて、ついていけるか心配。やっぱり紙の方がいいよ〜。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護現場でのペーパーレスって必要?
  • ペーパーレスで介護士の負担が少なくなる

 

介護の仕事15年以上ココパパです。

介護の現場で記録などの紙書類をやめる、ペーパーレスにしようという動きがとられています。

いまだに介護職の記録物や役所への提出物は、紙の記録が中心です。

しかし用意する紙書類の量も多く、煩雑になりがちですよね。

ペーパーレスになれば、メールでの送信などもできるようになり、職員の負担も減ります。

介護でのペーパーレス化について、詳しく紹介します。

 

介護福祉士の勉強は生涯学習のユーキャンがおすすめです。知名度バツグンの信頼性があり、教材も分かりやすいです。計画的に勉強できるのが嬉しいですね。

 

 

介護現場でのペーパーレスって必要?

介護現場でのペーパーレスって必要?サビ残がなくなるかも
ココパパ
ココパパ
介護で働いてると、記録多すぎですよね?

 

私が過去に書いてきた記録だけでも、以下のようなものがあります。

 

  • 排泄記録
  • 体位交換表
  • 掃除チェック
  • 入浴チェック
  • 食事記録
  • 水分量チェック
  • 申し送りノート

 

ありすぎやろ!

何個記録すれば良いんだよっていうぐらいありますよね。

この記録をするために、わざわざ残業して記録する介護士さんも少なくありません。

いくつもの紙の記録をつけるって、本当にムダですよね。

そんなことせずに、パソコンソフトを使ってすべてを一元管理したらものすごく楽になります。

 

介護ソフトを使えば一つで住む

介護士
介護士
なぜ紙の記録ばかりつけなきゃきけないの?

 

古い事業所だと、昔からの名残で未だに紙の記録でなきゃダメなところもあります。

でもそんな非効率的なことをやっていたら、介護士の負担はまったく減りません。

時代に合わせてパソコンソフトを使って、記録をその一つで済むようにしたらめっちゃ便利です。

 

介護士
介護士
排泄も食事も入浴も特記事項も、ぜんぶパソコン入力でできる!

 

これが職場のパソコンでできるようになれば、介護士さんの記録の負担は確実に減ります。

ソフトの導入にはお金がかかりますが、その分不必要な残業が減り、介護士の負担も少なくなるので採算は取れるでしょう。

 

介護の業務効率化
介護の業務効率化はICT化できるかが決め手介護の業務効率化はICT化できるかが決め手。端末を利用した記録の簡略化や、介護ロボットの導入による負担の軽減などが可能です。サービス残業を減らして、余分な時間はどんどん削っていきましょう。業務効率化したい介護士さんは必見です。...

 

そもそもその紙の記録は必要?

紙の記録が悪いわけではありません。

しかしその記録が必要か、検討したうえで使っていますか?

 

介護士
介護士
先輩が書けって言うから…

 

こういう理由だと、その記録が必要かいらないか考えることなく、ただ言われたからつけているだけになります。

必要な記録を残していないのは問題ですが、簡略化できるものはして重複した記録をしないようにしたいですよね。

 

スマート介護士
スマート介護士ってどんな資格?何ができるの?スマート介護士ってどんな資格?何ができるの?介護ロボットを活用して、効率的な仕事を可能にするスマート介護士。人手不足の課題から、今後需要が増えることが予想されます。スマート介護士に興味があるあなたは必見です。...

 

ペーパーレスで介護士の負担が少なくなる

介護現場でのペーパーレスって必要?サビ残がなくなるかも

紙の記録をやめてペーパーレスにすることで、介護士の負担は減ります。

高齢者の隣で記録できるので、わざわざパソコンの前に移動する手間が省けます。

またiPad などのタブレット端末なら、持ち運びもできるので便利です。

 

サービス残業が減る

全国老人施設協会の調査によると、書類作成や記録関係にかかる介護士の負担割合は排泄や食事介助に匹敵するぐらいの時間となっています。

 

ココパパ
ココパパ
そもそも記録する時間なんてとれないから、残業してやるんです。

 

介護士の中でも、現場で働いてる間は記録の時間がとれないという人も少なくありません。

そういう人は、仕事が終わってから残って記録をして帰っています。

しかも職場によっては、記録の時間は残業がつけられないところもあります。

こうして介護士のサービス残業が増え、疲弊していっている事態はゆゆしき問題です。

本来であれば勤務中に記録を終わらせて、退勤時間になったら即帰ります。

それができない職場であれば、現代の合理的な若い人たちはわざわざ介護を選んでまで就職してきません。

 

介護ソフトで記録を時短
介護の記録はソフトを使って時短すべき【サービス残業をなくせ】介護の記録はソフトを使って時短すべき。介護士にとって、記録ほどやっかいなものはありません。介助中は記録できないので、業務が終わってから残って記録する人もいます。サービス残業をなくすためには、介護ソフトを活用しましょう。記録で悩んでいるあなたは必見です。...

 

クラウドを使うとさらに便利

介護ソフトの導入をしたり、iPad などタブレット端末を使用したりしている職場は増えています。

これに加えて、クラウドサービスを利用するとさらに便利です。

クラウドサービスすることで、職場のどの端末からも記録を読むことが可能になります。

 

  • 事務所のパソコン
  • ユニットのiPad
  • 相談員のもつiPhone
  • すべての端末から同じ記録が即座に読める

 

わざわざPHSを何度もかける必要が少なくなり、情報の共有がしやすくなります。

紙の記録だと、わざわざ記録がある場所に見に行かなければいけません。

しかしクラウドサービスであれば、そういった手間も省けるのでおすすめです。

 

ペーパーレス化で介護士も高齢者も楽しくなる

紙の記録がなくなりペーパーレス化することで、職員にも余裕が生まれます。

今まで記録のためにサービス残業して心身ともに疲弊していたのが、その時間早く帰ることができるようになります。

疲れた顔をしていると、高齢者にも悪影響を与えますよね。

介護士が働きやすくなれば、高齢者にも良い影響を及ぼします。

ICT化などで介護ロボットやクラウドサービスの導入を行えば、業務の効率化にもなります。

スマート介護士を雇用して、職員の支援など行うと良いでしょう。