介護の悩み

介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?

介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?
介護福祉士の手当っていくらぐらいなんだろう?職場によって違うのかな?友達のところは、手当がないって聞いてビックリした。ちゃんと手当があるところで働きたいよなぁ。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?
  • 手当のしっかりした職場で介護福祉士として働くためにすべきこと

 

介護の仕事15年以上経験してきた、ココパパです。

介護福祉士につけられる資格手当は職場によって様々で、5,000円から15,000円という手当がつくところもあります。

一方で資格手当はなく、基本給にすべて含まれているといった職場もあります。

基本給が高ければ良いですが、そうでないと手当がつかないことで手取りが低いというケースもあります。

介護福祉士の手当について、詳しく紹介します。

 

介護の転職を考えているなら、かいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることができます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?

介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?

介護福祉士の資格手当、相場は5,000円から15,000円です。

基本給とは別に支給されるので、資格手当がある職場だと手取りが増えます。

しかし職場によっては、資格手当がないところもあるので職場選びには注意しましょう。

 

資格手当はいくらぐらい?

介護福祉士の資格手当は、あなたが働く会社によって異なります。

相場は5,000円から15,000円で、基本給とは別に支給されます。

介護業界大手のベネッセスタイルケアでは、2019年10月創設された特定処遇改善加算を加えて、介護福祉士の大幅な処遇改善を行いました。

 

https://twitter.com/T_Fitness_Music/status/1192587983867695105

 

  • 入社 10 年目以上 :月最大 45,000 円増額し、最高 60,500 円/月に
  • 入社 5 年目から 9 年目:月最大 27,000 円増額し、最高 42,500 円/月に

 

処遇改善後に想定される年収としては、下記のように見込まれています(正社員介護福祉士のケース)。

 

  • 勤続 10 年以上のリーダー職:全体の 84%が 500 万円以上
  • 勤続 10 年以上のリーダー職以外:全体の 71%、モデル等級の 97%が 440 万円以上
  • 勤続 5 年以上 10 年未満(リーダー職とリーダー職以外の合計):全体の 41%が 440 万円以上

※1 ヵ月あたり、リーダー職は夜勤 2 回・残業 20 時間、リーダー職以外は夜勤 5 回・残業 10 時間として、2019 年 6 月時点在籍者の実支給想定額を計算

 

介護士年収
介護士の年収ってどれぐらい?あなたの年収と比べてみよう介護士の年収ってどれぐらい?あなたの年収と比べてみよう。平均年収は303万円です。施設によって賞与や手当の額が異なるので、年収は変わってきます。年収をあげたいあなたは必見です。...

 

資格手当がない職場もある?

こうしたベネッセスタイルケアの刷新とは反対に、資格手当がない企業というのもあります。

この辺は、企業の考え方によって異なるため仕方ない部分です。

 

基本給の中に、資格手当も含まれているという考え方のところもあります。

基本給自体が高く設定されていれば良いですが、手当があることで手取りが増えます。

なので、働く側にとっては手当がついた方がメリットがありますよね。

 

もしあなたがこれから就職や転職をする予定なら、資格手当があるかないか、金額はいくらか情報を集めておくべきでしょう。

転職エージェントを利用すると、担当者がその点については調べてくれます。

 

介護ブラック企業
悪い介護施設の見分け方【転職に失敗しないために知っておこう】悪い介護施設の見分け方を紹介します。転職するにあたっては、転職先の情報ってものすごい大事です。なんとなくで転職すると、後悔するし、ひどい職場に入ってしまってからでは遅いのです。悪い介護施設の見分け方を知って、間違いのない転職をしましょう。...

 

手当のしっかりした職場で介護福祉士として働くためにすべきこと

介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?
ココパパ
ココパパ
あなたの選ぶ職場は、手当などの待遇がきちんとしていますか?求人票にはちゃんと手当について明示されていますか?

 

給与や待遇などについて、不透明な部分がないようしっかり情報を集めておくことが大切です。

 

企業も介護福祉士を辞めさせたくない

介護は人手不足と言われ、どこも介護士の人数が足りていません。

介護士になろうとする人手自体が減ってきているという、大変な状況に陥っています。

そのためどの企業も、今いる職員を辞めさせないようにと必死です。

ベネッセスタイルケアのように、介護の仕事であっても一般企業並みに手厚い待遇が受けられるところも出てきています。

これから就職や転職を考えているなら、こういった手当や待遇がしっかりしているところを選ぶべきです。

 

訪問介護辞めたい
訪問介護辞めたいあなたがすべき3つのこと訪問介護を辞めたい。本記事では、訪問介護の仕事を辞めたいと感じるあなたがすべきことを紹介。会社は守ってくれないので、自分の身を守るためにすべきことをしていきましょう。辞めたい理由についても、改めて振り返ってみましょう。訪問介護を辞めたいと感じているなら、ぜひご覧ください。...

 

働きたい企業についてしっかり情報を集めよう

そしてあなたがすべきことは、自分が働きたい企業についての情報をしっかり集めることです。

よくあるのが、就職してしまってから「聞いてない!」と驚くことです。

 

  • 資格手当がない
  • 駐車場代を払う
  • 時間外は5時間まで
  • 退職金もない

 

聞いてないよ~

 

こういったことについては、こちらが調べないと企業側も伏せている場合があります。

ハローワークの求人票だけでは得られない情報もあります。

転職エージェントを活用して、担当者に聞きづらい情報を集めてもらうと良いです。

直接企業には聞きづらいことでも、あなたに代わって担当者が企業に聞いてくれます。

なんでも相談できるという強みが、転職エージェントにはあります。

 

介護の転職エージェントおすすめの理由
介護の転職エージェントをおすすめする3つの理由介護の転職エージェントを利用すべき3つの理由を紹介します。担当者がいること、厚生労働大臣認可されているという安心感があること、そして働きながら資格がとれることです。これから介護の転職エージェントを利用するというあなたは必見です。...

 

転職エージェントで介護福祉士手当のある職場を探そう

転職エージェントでは、介護福祉士手当のある職場探しが行えます。

また転職先の見学をすることもできるので、自分の目で職場の雰囲気を知ることもできます。

私がおすすめする転職エージェントは、3つあります。

 

  1. かいご畑
  2. きらケア
  3. スマイルSUPPORT介護

 

上記3社は、大手の転職エージェントであり、紹介実績が数多くあるという安心感があります。

 

介護の仕事が初めてでも、資格がなくても全国の求人から紹介してくれます。

 

また介護の資格講座取得が0円になる制度もあるので、利用した方がゼッタイお得です。

かいご畑

かいご畑は、地元の求人探しを応援してくれるたのもしいエージェントです。

かいご畑のおすすめポイント
  • 資格なし&経験なしでもOKの求人が多い
  • 短時間や残業なしなど条件に合わせて選べる
  • 専任のコーディネーターが就職までサポート
  • 全国6,000件以上の求人を紹介している
  • 介護資格を実質0円でとることができる

 

かいご畑は介護の資格をもったコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

きらケア

きらケアは、あなたの希望に沿った仕事を見つけやすい転職エージェントです。



きらケアも、専任の担当者がついて転職後までしっかりサポートしてくれます。

 

きらケアおすすめポイント
  • 年間累計利用者数80万人の実績
  • 専任の担当者が就職した後までフォローしてくれる
  • 給料の日払いや週払い制度にも対応
  • 無料の資格取得支援制度あり
  • 職場見学することも可能

 

きらケアは派遣もあるので、副業をしながらサクッと働きたいあなたにピッタリです。

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPRT介護は、求人数が首都圏最大級を誇る転職サイトです。


コンサルタントがついて、無料であなたの就職をサポートしてくれます。

スマイルSUPPORT介護おすすめポイント
  • 首都圏に特化しており求人数は最大級
  • コンサルタントが就職した後までフォローしてくれる
  • 運営母体が老人ホームや保育園の運営や人材サービスを行う

 

首都圏で求人を探しているなら、最大級の求人数があるスマイルSUPPORT介護がおすすめです。

 

手当をしっかりもらって介護福祉士として長く働こう

介護の給与は低いと言われますが、各種手当を積み重ねていくとそれなりの年収になります。

しかし手当がないという企業もあるので、就職先や転職の際は慎重になる必要があるのです。

あなたが希望する企業についての情報をしっかり集めて、失敗しない就職転職活動を行いましょう。