介護の悩み

介護で利用者にイライラする時の原因と対策を詳しく紹介

介護と暴力
介護をしていると、利用者にイライラして暴力をふるいそうになる時があるんだよな。忙しいのに何度も同じことを言われると、思わず強く言ってしまうときもあって、自分が怖くなるんだよ・・・。

 

そんな悩みを解決しましょう。

 

本記事で伝えたいこと

  • 介護で利用者にイライラする時ってどんな時?
  • 介護士として利用者にイライラしないためにできること
  • イライラしてない介護者を見習おう

 

介護の仕事15年以上ココパパ(@coco_883)です。

私も介護をしていて認知症の方の言動にイラッとして、何度となく手が出そうになり思いとどまったという経験をしました。

時間がない時などは、同じことを何度も言われるとついイラッとしてしまいますよね。

結論から言うと、介護職が暴力をふるわないために必要なことは2つあります。

 

  1. イライラするのは自然なことと受け止める
  2. その上で怒りと上手く付き合う

 

イライラするのと暴力を加えるのでは、全然違います。

お年寄りに危害を加えれば、傷害罪などで逮捕される恐れだってあります。

イライラが募りやすい介護の仕事ですが、思いとどまるために、この記事を参考にしてください。くわしく紹介します。

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護で利用者にイライラする時ってどんな時?

介護で利用者にイライラする時ってどんな時?

介護をしていてついイラっとしたり、「うるさいなぁ」などと思うことはよくありますよね。

 

ココパパ
ココパパ
いつもニコニコ穏やかにしているパートの職員をみると、本当にすごいなと思います。

 

介護は人相手の仕事なので、ストレスがたまりやすいんですよね。

だからと言って暴力をふるっていいのか?応えはNoです。

相手に危害を与えるようなことは、絶対にあってはなりません。

暴言を浴びせて、相手の人権を侮辱するようなことも同様です。

でもイラっとしてつい手をあげてしまいそうになる瞬間って、介護職なら誰でも経験したことあるでしょう。

 

認知症の方の介護をしている時

脳の病気である認知症の方は、時に思いもかけない言動をとります。

 

  • 「ご飯まだ?」と何十回も同じことを繰り返す
  • 夕方になると家に帰りたいと落ち着かなくなる
  • 急に怒り出したり泣き出したりする
  • 食べられないものを食べてしまう
  • 便を手で触り服や壁につけてしまう

 

認知症の方と接していると、上記のようなことはよくあることですよね。

ついさっき食事したことを忘れてしまい、何度も何度も「ご飯まだ?」と同じことを繰り返して聞いてくる。

 

ココパパ
ココパパ
毎日毎日それが繰り返されると、さすがにイライラしてしまいますよね。

時間がない忙しい時に限ってそんなことをされると、余計にイライラが募ります。

まして人がいなくて忙しい時に限ってそんなことをされると、余計にイライラが募ります。

認知症の方と接する介護の現場が、いかにストレスフルか理解できるでしょう。

認知症の方との関わり方については、下記の記事に詳しく書いてあるので参考にしてください。

 

認知症の介護ポイント
認知症の介護をやる前に読むポイントまとめ認知症の介護をやる前に読むポイントまとめ...

 

言葉の暴力からエスカレートしてしまう

手は上げないまでも、言葉の暴力を使ってしまう方はけっこういるのではないでしょうか。

 

  • 何度もうるさいなー
  • 静かにして
  • 立たないで
  • 何回同じことやってんの
  • もういい加減にして

 

これらがエスカレートすると「動いちゃだめ」などのスピーチロックとなり、虐待へと発展します。

否定的な言葉を発すると、言われた相手も不快に感じます。

認知症の方であっても同様で、不安に感じてち着かなくなってしまうんですよね。

コミュニケーションの取り方については、介護のプロとして感情を抑えつつ熟知しておきたいですね。

 

介護のコミュニケーション
介護のコミュニケーションで気をつけたい5つのポイント介護のコミュニケーションで気をつけたい5つのポイントを紹介します。お年寄りの目線に合わせて話をすることはもちろん、職員間でのコミュニケーションも大切です。楽しく介護するために、職場でのコミュニケーションを工夫しましょう。...

 

密室で行われているがゆえに

ココパパ
ココパパ
自宅の部屋の中などで行われる介護の場合、誰も見ていないので暴力をふるいやすい場面となります。

また利用者が寝たきりで声をあげられない方だと、なおさらエスカレートしやすくなります。

 

家族が親に対して暴力をふるう場合、密室の部屋の中で行われるわけですから誰かに気づかれることがありません。

また施設においても同様で、居室という密室で行われるているがために発見が遅くなるのです。

できるだけ周りの目がある環境で介護が行われることで、暴力の危険性は避けられます。

しかし、排泄や入浴介助などプライバシーの観点から、難しい部分もあることは確かです。

 

介護をしていて利用者にイライラしないためにできること

介護で利用者にイライラする時の原因と対策を詳しく紹介

介護でイライラしたからといって、暴力をしてはいけないのは誰もが分かっていることです。

ここで大切なのは、イライラするのは人間の自然な感情であるということです。

新人であってもベテランであっても、人間であればイライラする感情がおこるのは普通なことなんですよね。

でも暴力をふるうかふるわないかは、全く違うことです。

なのでイライラを自分でコントロールできるよう、上手な付き合い方を持っておくと良いです。

 

イライラするのが普通

ココパパ
ココパパ
まじめな人は、イライラする自分が許せないと思うでしょう。

しかし怒るという感情は人間であれば自然なものですよね。

 

介護職だからイライラしてないなんてことはなくて、イライラするのは人間として自然なことなんだと受け入れるのが前提です。

私たちは人間である以上、怒りや悲しみといった感情をもっています。

だからストレスのたまるようなことをされて、イライラするのは当然な反応。

仕事であっても同じことです。大切なのは、そのイライラを感情の赴くままに表出してしまわないこと。

 

ココパパ
ココパパ
バカ野郎といったり、相手を殴ることはあってはいけないですよね。イライラすることと、怒りの表出することは違うと理解しておきましょう。

 

人格と行動を分けて考える

介護職
介護職
Aさんて何で忙しい時を狙って、何度も帰りたいとか言ってくるんだろう。本当にムカつく。

 

Aさんに対してイライラするのは、Aさんが忙しい時に何度も帰りたいというからですよね。

でもAさんは、認知症のためにそう言うのかもしれません。

Aさんは、職員が忙しいということを理解できないかもしれないですよね。

 

介護職
介護職
イライラする理由は、時間がないのに何度も同じことを言われたから

 

この事実を認めたからといって、利用者の人格を否定するものではないですよね。

また認知症など脳の障害によって、そうした行動をしているのかもしれません。

人格と行動は、別に捉えるとイライラが溜まりにくくなります。

 

介護職
介護職
○○さんは脳の機能障害でそう言っているんだな。本当は家に帰りたいんだよね。

 

など認知症による症状だと理由づけることが大切です。

そうすると病気なら仕方ないと思います。

初めのうちは、何回も意識して繰り返していかないと、結局は忘れてまたイライラしてしまいます。

大切なのは怒りの感情をアンガーマネジメントを使って、うまくコントロールしていくことです。

 

介護士のストレスを解消する5つの方法
介護で利用者に優しくできないあなたがやるべきこと介護で利用者に優しくできないあなたがやるべきことを紹介。認知症の方の対応など、ついイラッとしてストレスが溜まりがちですよね。仲間と情報共有したり、時には職場を変えるなどしてできるだけストレスがたまらないような工夫をしていきましょう。利用者に優しくできないと悩んでいる介護士さんは必見です。...

 

誰かに相談する

ココパパ
ココパパ
イライラがピークに達すると、思わず手がでてしまいそうになることがあるかもしれません。そこで思いとどまるか、叩いてしまうかでは大きく異なります。

 

暴力は相手に危害を加える犯罪であり、人権を侵害する行為です。

イライラしたからといって、許される行為ではないことを理解しましょう。

もし手が出そうになったら、「どうにも手を出しそうで怖いから、変わってくれる?」などと誰かに相談すると良いですね。

 

イライラしてない介護者を見習おう

ココパパ
ココパパ
本当にいつ見ても楽しそうにして、イライラとは無縁な職員っていますよね。いつもニコニコして楽しそうな人。

 

そんな職員を真似することをおすすめします。

あるいは、なんでそんなにイライラしないのか聞いてみてもいいですよね。

多分その職員は、自分のイライラと上手に付き合っているのでしょう。

 

介護職
介護職
本当は自分もこういうふうにしたいけれどできない・・・でもやりたい

 

あなたの周りにもきっと尊敬できる人がいるはずです。

まずはその人のやり方をまねてみて、自分なりに工夫していくと良いです。

 

  • 仕事は週4日と決めている
  • 休日は趣味活動を思いっきり楽しむ
  • いつも笑顔にを心がけている

 

もし周りに暴言を吐く人ばかりがいるなら、あなた自身が影響されてしまいますよね。

うんざりしたら、より良い環境を求めて行動しましょう。

 

利用者にイライラする職員ばかりでうんざりしたら

介護で利用者にイライラする

暴言ばかりの介護職に囲まれて、もううんざり!という気持ちになったら、思い切って職場を変えてしまうというのも一つの手です。

私がおすすめする介護転職エージェントは、3つあります。

 

 

上記3社は、大手の介護転職エージェントであり、紹介実績が数多くあるという安心感があります。

介護の仕事が初めてでも、資格がなくても全国の求人から紹介してくれます。

また介護の資格講座取得が0円になる制度もあるので、利用した方がゼッタイお得です。

かいご畑

かいご畑は、地元の求人探しを応援してくれるたのもしいエージェントです。

かいご畑のおすすめポイント
  • 資格なし&経験なしでもOKの求人が多い
  • 短時間や残業なしなど条件に合わせて選べる
  • 専任のコーディネーターが就職までサポート
  • 全国6,000件以上の求人を紹介している
  • 介護資格を実質0円でとることができる

 

かいご畑は介護の資格をもったコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護業界に特化した長年の実績があり、他社にはない高案件があります。

カイゴジョブおすすめポイント
  • 月間40万人以上が利用しているマザーズ上場企業
  • 介護業界に特化しているので信頼できる
  • 月25万円以上など高給与の求人も多数
  • 職員が寄より良い転職をサポートしてくれる
  • 就活フェスなどで職場の雰囲気など教えてくれる

 

カイゴジョブは上場企業ですし介護業界に特化してきたという、絶大な安心感があります。

きらケア

きらケアは、あなたの希望に沿った仕事を見つけやすい転職エージェントです。



きらケアも、専任の担当者がついて転職後までしっかりサポートしてくれます。

 

きらケアおすすめポイント
  • 年間累計利用者数80万人の実績
  • 専任の担当者が就職した後までフォローしてくれる
  • 給料の日払いや週払い制度にも対応
  • 無料の資格取得支援制度あり
  • 職場見学することも可能

 

きらケアは派遣もあるので、副業をしながらサクッと働きたいあなたにピッタリです。

 

利用者にイライラせず介護を楽しもう

介護はイライラが募りやすい仕事ですよね。

だからといって怒りをそのまま利用者にぶつけていたら、介護士としては働いていけないでしょう。

上手にイライラを解消する方法を先輩から盗んで、自分のものにして取り入れましょう。

自分なりに怒りとの上手な付き合い方を知ると、認知症の方に対しての関わり方も変わってきます。

無理せず長く介護を続けていきましょう。