介護の悩み

介護士の年収ってどれぐらい?あなたの年収と比べてみよう

介護士年収
介護士の年収ってどれぐらいかな?ほかの会社の人がどれぐらいもらっているかって、すごく気になる。ひょっとして僕の年収って低いの?

 

そんな悩みを解決しましょう。

 

本記事で伝えたいこと

  • 介護士の年収ってどれぐらい?あなたの年収と比べてみよう
  • 会社によって介護士の年収は違うの?
  • 介護士の年収をあげたい人がすべきこと

 

記事を書いている私は、介護の仕事を15年経験。経験を積んだり、資格をとったりすることで年収アップするという経験してきました。

 

給料が安いといわれる介護士ですが、実際の年収っていくらぐらいなんでしょう?

 

結論から言いますと、介護士(正職員)の年収は、303万円です(H29年介護労働安定センター調べ)。

 

一般的な平均年収なので、基本給が良い、賞与がないなど会社の条件によって異なります。

 

介護士の年収について、くわしく紹介します。

 

介護士の年収ってどれぐらい?あなたの年収と比べてみよう

介護士の年収ってどれぐらい?あなたの年収と比べてみよう

介護士(正職員)の年収は、303万円です(H29年介護労働安定センター調べ)。

 

在宅と施設で働く介護職員の、月収と賞与を含んだ平均値です。

 

当然のことながら、会社によって給料は違います。昇給額や賞与の有無などまったく違うので、年収にばらつきがあるのが実際です。

 

介護士の平均年収

介護労働安定センターの調査によると、介護士の年収は303万円です(H29年)。

 

職種別に月収や賞与の違いについて、見ていきましょう。

 

職種別の平均月収は、以下の通りです。

 

訪問介護員 198,486円
サービス提供責任者 230,688円
介護職員 211,464円

 

また平均賞与の平均額は以下の通りです。

 

訪問介護員 371,984円
サービス提供責任者 492,830円
介護職員 547,957円

 

賞与額が少ない方もいるでしょうし、その分基本給が高いという方もいるでしょう。いずれにしても、会社によって年収は変わってきます。

 

職種による月収の違い

在宅で活躍する訪問介護員の月収は、20万弱となっています。

 

この内訳は、資格がまだない方から介護福祉士をもっている方まで含まれています。

 

そしてサービス提供責任者になると、訪問介護員よりも3万円超月収が上がっています。

 

サービス提供責任者が、より責任ある立場として期待されていることが伺えます。

 

またサービス提供責任者として管理者を兼務する人もおり、その辺で3万円アップにつながっていると思われます。

 

一方で施設で働く介護職員の月収は、21万円と訪問介護員よりも1万円超高くなっています。

 

ただしこれは夜勤手当なども含んだ金額になるので、高いととらえるか低いととらえるかは個人によって考え方はあるでしょう。

 

また介護福祉士資格の有無によって、基本給が変わってきます。

 

基本給を良くして、月収を少しでも高くしたいなら、介護福祉士資格の取得は必須です。

 

介護士と介護福祉士の違いって
介護士と介護福祉士の違いって何?介護士と介護福祉士の違いって何でしょう?結論、資格の有無と名称の違いです。施設では資格があってもなくても同等の仕事を求められます。在宅では初任者研修の受講が必須です。介護士と介護福祉士の違いを知りたい方は必見です。...

 

賞与は会社により異なる

賞与額は職種により違いますし、また会社によっても違います。

 

社会福祉法人などで経営が安定している場合、4ヵ月超の賞与が支給されるところもあります。

 

一方、株式会社など利益を求めるところでは、賞与は2ヵ月までとなっているところもあります。

 

実際私が以前勤めていた会社では、賞与は2ヵ月で1ヵ月は売り上げによるものとされていました。必ずもらえるかどうかという補償は、されていないんですね。

 

いくら基本給が良くても、賞与がないことで年収にしたらそれほど変わらないといった事態になります。

 

会社によって介護士の年収は違うの?

会社によって介護士の年収は違うの?

平均的な介護士の年収を紹介しましたが、もちろんあなたが働く会社によっても違います。

 

基本給の設定や、毎年の昇給がいくらなのか賞与があるのかないのかなどによって年収に大きく影響します。

 

基本給と賞与額の違い

会社によって基本給と賞与額が違うので、年収にしたらそう差がないケースもみられます。

 

  1. 基本給が高く設定されているが、賞与がない会社
  2. 基本給は低いが賞与が4ヵ月でる会社

 

①と②で比べると、月収は①が買っていても、年収を比べるとそう変わらないといった事態もあります。

 

基本給が良くて、賞与もしっかり出る会社が良いな

 

みんなそう思いますよね。

 

でもそんな会社滅多にないので、よりよい環境の会社で資格ととったり経験を積んで、コツコツ頑張って評価されるのが遠いようで近道なのです。

 

リーダーを任せられたり、管理職などになれば昇給するので、年収のアップにつながります。

 

社会福祉法人が安定

一般的に、社会福祉法人で働く方が安定した給与が得られます。

 

「社会福祉法人は、社会福祉事業を行うことを目的として社会福祉法にもとづいて設立されている法人です。公益性の高い、非営利法人であり、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ公正に行っています。」(全国社会福祉法人経営者協議会より)

社会福祉法人は安定した経営を行っているところが多く、賞与額が4ヵ月を超えるところも少なくありません。

法人内で在宅や施設など複数の事業をしていれば、異動して色んな職種を経験することもできます。

そうやって経験を積めば自身のステップアップとともに、経験年数を経ることで昇給しやすくなります。

ただし最近は経営難でつぶれる社会福祉法人もでてきているので、注意が必要です。

 

https://twitter.com/cocosukipapa/status/1187331579388907520

 

自分が選ぶ社会福祉法人は経営がちゃんとしているのか、よく調べましょう。

転職エージェントを利用して、安定した経営がされているか担当者に聞くのも一つの手です。

 

介護の転職エージェントおすすめの理由
介護の転職エージェントをおすすめする3つの理由介護の転職エージェントを利用すべき3つの理由を紹介します。担当者がいること、厚生労働大臣認可されているという安心感があること、そして働きながら資格がとれることです。これから介護の転職エージェントを利用するというあなたは必見です。...

 

介護士の年収をあげたい人がすべきこと

介護士の年収をあげたい人がすべきこと

介護士の平均的な年収は303万円とお伝えしました。

 

年収を少しでも上げたいなと思うなら、2つの方法があります。

 

  1. 一つの会社で働いて昇給する
  2. 給与の良い会社へ転職する

 

一つずつ紹介します。

 

一つの会社で働いて昇給する

一つの会社で長年働き続けることで、昇給して年収を上げる方法があります。

 

年度末に行われる人事考課により、毎年の昇給額が決まります。

 

昇給額は会社によってさまざまで、千円のところもあれば5千円のところもあるのでよく確認しておきましょう。

 

また長年同じところで続けることで、評価されて管理者などの立場になることもあります。

 

管理者になると給与アップが見込まれるので、年収増にもつながります。

 

給与の良い会社へ転職する

もう一つは、より給与の良い会社へ転職する方法です。

 

今はネットで転職したい会社の情報を気軽に検索できる時代です。

 

年収がいくらか、賞与は何か月か、昇給はあるのかといった情報も調べられます。

 

自分で検索できない場合は、転職エージェントを利用すると便利です。

 

あなたに代わって、専任のコーディネーターがついて会社に聞きたいことを確認してくれます。

 

また会社の雰囲気を教えてくれたり、事前に施設見学に行くこともできます。

 

転職で失敗しないために、できるだけ情報は集めておきましょう。

 

介護士の年収アップ目指すなら転職エージェントを活用しよう

転職して年収アップを目指すなら、転職エージェントを利用すると探しやすいです。

 

転職エージェントには専任の担当者がついてくれるところがあり、賞与や手当の有無など知りたい情報をあなたに代わって調べてくれます。

 

私がおすすめする介護転職エージェントは、3つあります。

 

  1. かいご畑
  2. カイゴジョブ
  3. きらケア

 

上記3社は、大手の介護転職エージェントであり、紹介実績が数多くあるという安心感があります。

 

介護の仕事が初めてでも、資格がなくても全国の求人から紹介してくれます。

 

また介護の資格講座取得が0円になる制度もあるので、利用した方がゼッタイお得です。

かいご畑

かいご畑は、地元の求人探しを応援してくれるたのもしいエージェントです。

かいご畑のおすすめポイント
  • 資格なし&経験なしでもOKの求人が多い
  • 短時間や残業なしなど条件に合わせて選べる
  • 専任のコーディネーターが就職までサポート
  • 全国6,000件以上の求人を紹介している
  • 介護資格を実質0円でとることができる

 

かいご畑は介護の資格をもったコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護業界に特化した長年の実績があり、他社にはない高案件があります。

カイゴジョブおすすめポイント
  • 月間40万人以上が利用しているマザーズ上場企業
  • 介護業界に特化しているので信頼できる
  • 月25万円以上など高給与の求人も多数
  • 職員が寄より良い転職をサポートしてくれる
  • 就活フェスなどで職場の雰囲気など教えてくれる

 

カイゴジョブは上場企業ですし介護業界に特化してきたという、絶大な安心感があります。

きらケア

きらケアは、あなたの希望に沿った仕事を見つけやすい転職エージェントです。



きらケアも、専任の担当者がついて転職後までしっかりサポートしてくれます。

 

きらケアおすすめポイント
  • 年間累計利用者数80万人の実績
  • 専任の担当者が就職した後までフォローしてくれる
  • 給料の日払いや週払い制度にも対応
  • 無料の資格取得支援制度あり
  • 職場見学することも可能

 

きらケアは派遣もあるので、副業をしながらサクッと働きたいあなたにピッタリです。

 

介護士の年収はあなた次第であげられる

介護士の平均的な年収や月収について、紹介しました。

 

決して余裕のある生活はできないかもしれませんが、生活費を抑えることで十分生活していくことは可能です。

 

介護職の給料が安い
生活できない介護士が余裕を持つためにすべき5つのこと生活できない介護士が余裕を持つためにすべき5つのこと。固定費をおさえたり、格安SIMに乗り換えたりすれば生活費はおさえられます。介護職の給料が安いと悩んでいるあなたに必見です。...

 

そして経験を積んで年収アップにつなげたり、転職してより給与の良い会社へステップアップする。あなた次第で、年収はあげられます。

 

賞与や手当の有無など会社によって違うので、就職してから話が違うということにならないように事前によく調べておきましょう。