介護便利グッズ

介護士の靴おすすめの5足【機能性バツグンです】

介護士おすすめの靴
介護士の靴を探している人
靴ってなんかいいのないかなー。スニーカーだと蒸れやすいし、匂いもしちゃうんだよな。あんまり高いのだともったいないし・・・。手頃な値段で、機能的な靴があったらいいんだけどな。

 

そんな悩みを解決しましょう。

 

本記事で伝えたいこと

  • 介護士の靴おすすめの5足【機能性バツグンです】
  • 介護士の靴を選ぶときのポイント
  • 靴が汚れているといい介護はできない

 

記事を書いている私は、介護の仕事を15年経験。介護士の仕事に合いそうな靴を、試しては履き潰してきました。

 

安いものを買うより、あなたのお気に入りや機能性良いものを選んだ方がゼッタイいいです。靴は毎日履くものなので、変なものを買うと足への負担が大きくなってしまいます。

 

介護士に特化した専門サイトで、ぜひあなたのお気に入りの靴を探してみてください。

 

介護の仕事探しなら、かいご畑がおすすめです。

 

働きながら0円で資格をとることができるので、かなりお得です。またコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

 

介護士の靴おすすめ5選【機能性バツグンです】

介護士と靴

介護士におすすめの靴、5足を紹介します。この5足はどれも機能性がよく、履き心地がよいという特徴があります。

 

毎日使う靴ですから、少しでも足に負担の少ないものであってほしいし、履き心地がよくなかったらイヤですよね。

 

種類によって特徴も違うので、あなたの好みのものを選んでみてください。

 

2WAYシューズ


介護士も履いている、ナースシューズ。かかとがあり、なしのどちらでも履ける2WAYタイプのものが便利です。

 

よく動くときは、かかとをしっかりホールドできるバクルベルトを使用。夜勤など落ち着いているときは、バックルベルトを外してサンダルのようにして使用。

 

定番2WAYデイリーシューズは、今までに16万足も売れた人気シューズです。

 

ポイントは6つ。

  1. メッシュ素材なので履き心地が優しい
  2. 幅広い4E仕様なのでゆったり履ける
  3. 甲は合成素材なので足をしっかりホールド
  4. 10色のカラバリから選べる
  5. 片足約170gの軽い履き心地
  6. かかと裏が滑りにくいラバー製

 

これだけ揃ってお値段1800円(税別)というから、かなりお買い得です。普通にナースシューズ買うと、3千円ぐらいはしますよね。

 

お値段もてごろで機能性が良いので、ぜひ履いてみてほしい一足です。

らく曲げエアーシューズ


らく曲げエアーシューズは、その名の通りらくに靴を曲げることができます。
ソールが屈曲されるので、歩いていても痛くなりにくい作りになっています。

 

かかと部分にはワイドなエアーが入っているので足をついた時にも衝撃が緩和されやすいのが特徴。

 

このエアーが入ってる靴って履いてみると分かりますが、やっぱり楽なんですよね。以前長く履いてエアーが潰れてしまった時がありました。それだけかかとにかかる衝撃が大きいということですよね。介護職は何気によく歩くので、エアーがある靴の方が良いと思います。

 

そのほかにも足が疲れにくいように工夫されています。

  • 足指の幅に合わせたつま先設計
  • 足指の高さに合わせたつま先設計
  • 履きわけられる2WAY仕様
  • 軽量で片足約180g

 

とにかく疲れにくい靴が良いという方はおすすめです。

星柄デイリーエアーシューズ


こちらもかかとにエアーが入った、疲れにくい設計のシューズです。やわらか素材で作られているので、履き心地が優しく安心感があります。

 

ポイントはサイドにある星形のカッティング。無機質なナースシューズがおしゃれになり、履いていて楽しくなるデザインです。

 

かかとを踏んで2WAYで履くこともできるので、使用用途に合わせて使い分けましょう。片足約160gの軽量も嬉しいですね。

クロックス


誰もが知ってる定番のクロックス。介護士をはじめ、看護師や医師も履くなど、介護や医療職にメジャーな存在になっています。

 

サッと履けて通気性が良いのもポイント高いです。また汚れても水洗いできるのが嬉しいですよね。

 

介護士をしていると、けっこう靴が汚れるのですが、クロックスならその点は心配ありません。カラバリも豊富です。

リフレクソロジーインソール「天空」


インソール部分が凹凸になっていて、歩くたびに足裏マッサージができるという優れもの。

 

天空が快適なポイントは5つ。

  1. 足との間に適度な空間があり通気性がよい
  2. 軽量でラクに歩けるクッション性があり疲れにくい
  3. 足裏のカーブに合わせたインソールがフィット
  4. 屈曲性があり疲れにくい
  5. 2WAY仕様

 

最近、足裏を押すと痛いという方は試してみてはいかがでしょう。

2WAY軽量エアーサポートシューズ


ポイントはインソール。触ってみると驚くほどのクッション性があり、また足の形状になじむデザインになっています。

 

インソールにクッションがあると、やはり着地した時に足にかかる衝撃が緩和されます。長く歩いていると、やはり疲れやすさという点で差がでてきます。

 

こちらもかかとにエアーが入っていて、またメッシュ素材なので蒸れにくいです。

介護士の靴を選ぶときのポイント

介護士の靴

靴を選ぶときはどれでもよいのではなく、仕事内容によってポイントをおさえて選ぶようにしましょう。仕事内容に合った靴を選ばないと、怪我をしてしまう恐れもあります。

 

つま先が出ていると事故につながる

介護の仕事は、車椅子やベッドなど器材を扱う場面も多々あります。そんな時につま先のでているサンダルだと、足先を怪我してしまう恐れがあります。

 

車椅子のタイヤにひっかかったり、ベッド下のブレーキに当たってしまったり。足先をちゃんと保護しているかいないかで、怪我の度合いも変わってきます。

 

仕事内容にもよるのですが、介護士はつま先がある靴の方が良いでしょう。

 

蒸れにくい靴にしよう

職場では靴を毎日履きますよね。朝から夕方まで、一日中靴を履き続けるととうぜん足も蒸れてきます。足の匂いも気になりますし、水虫にでもなってしまったら・・・。

 

そこで先ほども紹介しましたが、メッシュ素材の靴を履くと通気性がよいのでおすすめです。クロックスなども通気性がよいので、デザインが好きという方は良いでしょうね。

 

蒸れが気になる人は、靴の対策プラス5本指ソックスを履くと完ぺきです。

 

 

洗える靴にしよう

介護の仕事って、けっこう靴や衣類がよごれませんか?食事の食べこぼしだったり、排泄物だったり、なにかと汚れやすいのが介護士の特徴。なのでできれば靴も洗い替えがあると便利です。

 

洗いにくい靴だと拭いて終わりという場合もあるでしょうが、なかなか匂いがとれないこともあります。清潔を保つためにも、洗える靴にしておきましょう。

 

靴が汚れているといい介護はできない

介護士の靴

髪の毛がボサボサな介護士も恥ずかしいですが、靴がきったない介護士もかなり恥ずかしいです。利用者さんもその点は気づきますし、家族が来たときにも見られるでしょう。

 

この人靴汚いけど、大丈夫かな?ちゃんと母のことみてくれるのかな?

 

靴が汚いことがその人のすべてを表すわけではありませんが、清潔に気づかないということはちょっとした変化も見落としやすいということができると思います。

 

利用者のわずかな変化に気づくか気づかないかで、異常の早期発見につながる場合があります。

 

また自分の清潔を保っている人ならば、利用者の清潔もきちんとやってくれるだろうという安心感につながります。今一度、自分の足元をよく見てみましょう。

 

履きやすい靴でより良い介護をしよう

日頃使っている道具が快適だと、仕事へのモチベーションも高くなります。道具には愛着がわいてきて、毎日の仕事も前向きに感じられるようになるでしょう。

 

イチロー選手が自分のバットやグラブを大事にしていたように、介護士の商売道具をぜひ大切に扱ってみてください。

 

靴ごときといわないで、足元から快適にすることで自分の気持ちも快適になります。そしてお年寄りへの関わり方にもつながってくるでしょう。

 

ナースリーは看護師に加えて、介護士の仕事用グッズを扱っている専門サイトです。

 

 

  • 会員限定クーポンが充実
  • WEB限定セール品もあるので見逃せない
  • WEBでしか手に入らない商品や
  • お誕生日クーポンなどおトクがいっぱい
  • 新規会員登録で500円オフクーポンゲット
  • LINE@会員やメルマガ会員になるとさらにおトク

 

もし商品を手に取って、色やサイズが違った~ということがあっても安心。変更は無料でできます(商品到着後7日以内。ただし一度使用した商品はNG)。

 

刺繍や刻印、裾上げなどオーダーサービスも充実しています。

 

買うほどおトクになる割引があって、最大15%オフまで割引率がアップ。友人や職場の人とまとめての購入がお得です。