人間関係

介護士と看護師は仲悪いのか?うまく付き合える方法とは?

介護士と看護師は仲悪いのか?うまく付き合える方法とは?
介護士と看護師って仲悪いのかな?何か意見するとめっちゃ機嫌悪くなったりするし。お互いにうまく連携をとってやった方が、良いと思うんだけどな。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 士と看護師は仲悪いのか?うまく付き合える方法とは?
  • 仲悪い看護師と介護士からは何も生まれない

介護の仕事15年以上ココパパ(@coco_883)です。

介護施設などでは、介護士だけではなく看護師も働いています。

しかし同じ職場でありながら、関係性が悪い場合があります。

看護師からすると、介護士がきちんとケアできないということに苛立っています。

介護士は看護師からあれこれ言われても、人がいなくてできないのにこちらの事情を分かってないと怒ります。

でも職場によって全く違って、ものすごく仲良くやっているところもあります。

つまるところ、職場により全然違うということです。

関係性が良い職場を見習って、看護師と介護士より良い関係が保てるよう工夫していきましょう。

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護士と看護師は仲悪いのか?うまく付き合える方法とは?

同じ職場で働いていると、職種にとらわれなくてもいろいろ問題はありますよね。

介護施設などで働く介護士と看護師は、利用者をケアする場面で連携することが多くあります。

なので仲が良いとケアもスムーズにいきますが、仲が悪いとまったく良いケアができません。

良い関係が保てているかは、良いケアができるかということににもつながります。

関係性が悪いことが、利用者さんに影響がいってしまうのが大問題なのです。

 

同じ職場だからこそ仲が悪くなる

ココパパ
ココパパ
同じ職場で働いていると、人間関係が悪くなることってけっこうあります。

 

あの人また片付けてないじゃない。まったく何回同じこと言わせるのよ。

 

日常のちょっとしたことが積み重なって、とげとげしい関係になることって普通にあります。

「ごめんなさい」「ありがとう」

そういった一言が言えればいいですが、大人なのに言えない人もいるから不思議です。

一つ同じ職場で働いていると、ちょっとしたことでいざこざが生まれて疎遠になってしまいます。

仲が悪いのに、毎日顔を合わせなければいけないし、一緒に仕事しなければいけないとなると、かなりのストレスになることは想像できますよね。

 

仲が良い職場もある

ココパパ
ココパパ
すごく仲が悪かった職場から転職して感じたことは、職場が変わるとこうも違うのかということです。ものすごく仲良く連携をとっている職場もあります。

 

介護士と看護師は必ずしもうまくいかないわけではなく、職場が変われば全然違雨という事を学びました。

当然仲が良ければ、コミュニケーションもよくとれているので連携もスムーズにいきます。

利用者に対して、どうしたらより良い関わりができるようになるか考えてケアできるんですよね。

 

ココパパ
ココパパ
ポイントは、介護士と看護師それぞれがお互いを尊重しあっていること。

ありがとうございます。などの一言も頻繁に交わされます。

 

たとえ年下であっても、新人に対してでもその姿勢は変わりません。

 

上手くやれる方法

ココパパ
ココパパ
良い職場には、良い連携が生まれています。挨拶と、コミュニケーションをよくとることが肝心。

嫌いだからと話もしなければ、どんどん関係が悪くなっていくだけです。

 

またケアの質について看護師から不満を持たれているのであれば、一度自分のケアがきちんと行えているか見直してみましょう。

勉強不足や意識が低いことがゆえに仲が悪いのであれば、あなた自身が向上すれば関係は変わります。

勉強して知識や技術をつけていけば、見下されることもなくなるかもしれません。

そして他の職員にもそうした姿勢を波及させれば、介護士と看護師の関係も良くなっていくことが期待できます。

 

仲悪い看護師と介護士からは何も生まれない

職場によっては、本当に仲が悪くて話もしないというところもあります。

一緒に仕事をするのにコミュニケーションがなければ、良いケアなんてできるわけがありません。

関係性の悪さは、引いては利用者に悪い影響を与えてしまうんですよね。

あなたはそんなことやりたくて介護の仕事を始めたんですか?

 

利用者に悪影響を及ぼす

ココパパ
ココパパ
コミュニケーションがとれていないと、ケアに支障がでてきてしまいます。ひいては利用者に悪影響を及ぼしかねないから問題なんです。

 

記録に体位変換お願いしますって書いてあるけど、さっき来たんだから一言いってくれればいいのに・・・。

 

ケンカのようになってしまうと、結局は利用者が不利益を被ってしまうようになります。

 

看護師
看護師
摂取水分が少ないから、1日1200mlは飲ませてください。

 

介護士
介護士
でも嫌がって飲まないんです。

 

看護師
看護師
じゃあ脱水になって体調悪くなっちゃうよ。そこを考えるのが介護士の仕事でしょ?

 

  • 利用者はムリに水分を飲ませられるので、ますます不機嫌になります。
  • そして強引に飲ませようとすると、誤嚥したり肺炎を起こします。
  • 介護職員も疲弊して、ストレスフルになります。

 

悪いことばかりが循環しますよね。

そうではなくて、本当は看護師も一緒にケアについて考えて欲しいんですよね。

お互いに意見交換することで、より良いケアを模索していくことができるのです。

 

やれるだけやってみるのも大切

ココパパ
ココパパ
上のようなケースだと、そのうち看護師に怒られるから飲ませなくちゃという本来とは違う目的でケアするようになってしまいます。

そこに意味はあるのでしょうか?

 

お年寄りが水分を嫌がるなら、何で嫌がるのかとか何なら代替がきくのかを担当者会議で話し合うべきですよね。

試行錯誤の過程を見てもらうことで、これは大変だわと看護師も納得する場合があります。

それで納得せずに、強引に意見を押し付けようとするのであれば、単なるわがままともいえるのでお互いに話し合う場をもうけた方が良いでしょう。

例え看護師が納得できるような感じでなかったとしても、やれるだけのことはやって利用者に不利益が生じないよう努力はすべきです。

介護職員は介護のプロであり、利用者と誰よりも長く接していてわかっているはずですよね。

医療の知識では負けていたとしても、介護のことや利用者のことは誰よりもわかっていると自信を持つべきです。

 

仲悪い介護士と看護師に嫌気がさしたなら

同じ職場で働いているにも関わらず仲が悪くて、もううんざりしたなら転職してしまうのもアリです。

先ほど述べたように、職場が変わることでこんなにも違うかというぐらい働きやすさが増します。

そこでポイントとなるのは希望する転職先について、情報をいかにたくさん得られるかです。

職場の雰囲気などは分かりづらいですが、転職エージェントを利用すると担当者があなたの代わりに情報収集してくれます。

担当者に何でも質問してできるだけ職場の情報をゲットしましょう。

おすすめの転職エージェントは、3つあります。

 

 

上記3社は、大手の介護転職エージェントであり、紹介実績が数多くあるという安心感があります。

また介護の資格講座取得が0円になる制度もあるので、利用した方がゼッタイお得です。

 

かいご畑

かいご畑は、地元の求人探しを応援してくれるたのもしいエージェントです。

かいご畑のおすすめポイント
  • 資格なし&経験なしでもOKの求人が多い
  • 短時間や残業なしなど条件に合わせて選べる
  • 専任のコーディネーターが就職までサポート
  • 全国6,000件以上の求人を紹介している
  • 介護資格を実質0円でとることができる

 

かいご畑は介護の資格をもったコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護業界に特化した長年の実績があり、他社にはない高案件があります。

カイゴジョブおすすめポイント
  • 月間40万人以上が利用しているマザーズ上場企業
  • 介護業界に特化しているので信頼できる
  • 月25万円以上など高給与の求人も多数
  • 職員が寄より良い転職をサポートしてくれる
  • 就活フェスなどで職場の雰囲気など教えてくれる

 

カイゴジョブは上場企業ですし介護業界に特化してきたという、絶大な安心感があります。

きらケア

きらケアは、あなたの希望に沿った仕事を見つけやすい転職エージェントです。



きらケアも、専任の担当者がついて転職後までしっかりサポートしてくれます。

 

きらケアおすすめポイント
  • 年間累計利用者数80万人の実績
  • 専任の担当者が就職した後までフォローしてくれる
  • 給料の日払いや週払い制度にも対応
  • 無料の資格取得支援制度あり
  • 職場見学することも可能

 

きらケアは派遣もあるので、副業をしながらサクッと働きたいあなたにピッタリです。

 

介護士も看護師も仲良い職場で働いて介護を楽しもう

どうせ働くなら、職種が違ったとしても仲良くやりたいですよね。

楽しくやるという意味だけではなく、お互いに切磋琢磨しあってより良いケアができるように高め合っていけたら良いですよね。

職場が変われば関係性も変わります。

ぜひ熱のある介護ができるよう、頑張っていってください。