介護の悩み

なぜ老人はキレる?脳が衰えて感情コントロールができない?

老人はなぜキレる?
老人ってなんであんなにキレるんだろ?こないだもコンビニのレジで怒鳴ってる人を見かけたし。年取ったら丸くなるっていうのは、ウソなのかなぁ?

 

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • なぜ老人はキレる?脳が衰えて感情コントロールができない?
  • キレる老人にならないためには怒りをコントロールしよう

 

介護の仕事15年以上経験してきたココパパです。

年を取ったら丸くなるなんて言いますが、けっこうキレてるお年寄りも多いですよね。

自分をぞんざいに扱われると気分を害してしまい、烈火のごとく怒りを表現するので止められなくなってしまいます。

性格の問題と思っていましたが、実は脳の衰えによって感情がコントロールできなくなっている可能性があります。

キレる老人と脳の関係について、詳しく紹介します。

 

アンガーマネジメントの勉強は生涯学習のユーキャンがおすすめです。知名度バツグンの信頼性があり、教材も分かりやすいです。計画的に勉強できるのが嬉しいですね。

 

 

なぜ老人はキレる?脳が衰えて感情コントロールができない?

なぜ老人はキレる?脳が衰えて感情コントロールができない?

ちょっとしたことでもキレてしまう高齢者。

その人の性格によるものかと思っていましたが、実は脳の衰えが影響しているようです。

怒りを抑制するのは、脳の前頭葉という部分。

加齢によって、その前頭葉がきちんと機能しないためにキレてしまう高齢者がいます。

 

前頭葉の衰えによってキレる

人間の感情は気持ちや心だけではなく、脳が重要な役割をもっています。

怒りの感情は、脳の大脳辺縁系で作られます。

そして怒りをコントロールする役割をもつのが、前頭葉という部分。

 

「知らない間に『前頭葉』の働きが衰えて、感情の抑制ができなくなっている。
“脳は知らない間に衰えている”、これを自覚することがとても大事。」

(昭和大学客員教授加藤俊徳医師の言葉より引用)

 

私たちが怒りを感じても、抑えたりコントロールできたりするのは、この前頭葉がきちんと機能しているからなんですね。

加齢によって脳の機能が衰えてくると、この前頭葉も衰えてきます。

すると怒りをコントロールできなくなり、突然キレるといったことが多くなります。

脳科学者の間では、以前から自然な現象として捉えられています。

 

介護士が訴えられる?
介護士が訴えられる?これからに備えた対策をくわしく紹介介護士が訴えられる?これから増えるかもしれない対策を紹介します。すぐに謝罪する、すぐに会社へ報告する、アフターフォローを忘れないことが大切です。また関係性を良くしておくことで、最悪の事態を免れることにつながります。訴えられるのが心配な介護士さんは必見です。...

 

脳が衰えるのは自然なこと

介護に携わっていると、脳の機能が低下して認知症になる方を多く目にします。

認知症までいかなくても、年をとるにつれて脳が衰えてくるのは、体力が落ちてくるのと同じで自然なことですよね。

筋肉と同じで、脳も頭を使わなければどんどん機能は衰えいきます。

高齢になっても脳トレをしたり、頭を使った運動などをしているお年寄りが活きいきしているのはこのためです。

怒りっぽいお年寄りはうっとうしいですが、見方によっては脳が衰えて感情をコントロールできなくなっている大変な人なんです。

 

認知症の介護ポイント
認知症の介護をやる前に読むポイントまとめ認知症の介護をやる前に読むポイントまとめ...

 

生活環境の変化でも脳は衰える

ここまで、前頭葉が衰えることで怒りっぽくなると解説しました。

これに加えて、退職するなど生活環境が変わることでもキレやすくなる原因になるんです。

会社で管理職など偉い役についていた方でも、退職すると一般の老人の一人になります。

社会ではこの人が元役員だったなんて情報は知りませんから、普通の老人として接するわけです。

 

あーちょっとどいてもらっていいすか?

 

貴様、ワシを誰だと思ってるんだ!失礼だろ!

 

世間では、社内のように敬う場面も少なくなります。

ただでさえ現代は、高齢者に気を使うという場面が減ってきています。

高齢者自身は今まできちんと対応してきたのに、今の若いもんはなんで敬うことができないんだと怒りの感情を抑えることができなくなってしまうのです。

 

介護士がもらうクレームってどんなものがある?対処法は?
介護士がもらうクレームってどんなものがある?対処法は?介護士がもらうクレームってどんなものがある?対処法は?高齢者にケガをさせたり、物を壊したりするとクレームをもらいます。すぐに謝るのが基本で、会社に相談して一人で抱え込まないようにしましょう。クレームの対処法に悩む介護士さんは必見です。...

 

キレる老人にならないためには怒りをコントロールしよう

なぜ老人はキレる?脳が衰えて感情コントロールができない?

脳が衰えてくるのは、年をとれば仕方ないことです。

しかしできるだけ高齢者になっても、怒り狂うなんてことは避けたいですよね。

そこでおすすめなのが、アンガーマネジメントです。

6秒間怒りを我慢する習慣を身につけることで、いわゆるキレることを防げるようになります。

キレるを防げる6秒間

アンガーマネジメントでは、6秒間怒りを我慢します。

 

なぜ6秒間なの?

 

6秒というのは、前頭葉が怒りを抑えるのに必要な時間といわれています。

喉元過ぎれば・・・と言いますが、6秒経つと怒りがスーッと収まるんだそうです。

そんな馬鹿な?と思うかもしれませんが、日本アンガーマネジメント協会が提唱する信頼ある手法です。

日本アンガーマネジメント協会は、各教育委員会やNHK大阪、医療機関等と取引があるなど信頼性の高い団体です。

カッとなって思わず怒鳴る、机を叩くなどする人は6秒耐えるのはかなりしんどいですよね。

でもそれも訓練次第で、コントロールできるようになります。

 

キレて煙たがられる老人にならないために

脳の衰えとはいえ、自分がすぐにキレていたら煙たがられるようになっては嫌ですよね。

 

あのじいさん、いつも怒ってるからホント面倒くさいよなぁ

 

脳の衰えを防ぐために、脳トレをしたり頭を使ったりすることも大切な予防策の一つです。

同時にアンガーマネジメントを習得して、怒りをコントロールできるようになることも大切です。

 

サイトや本を読んで、アンガーマネジメントについての理解と知識を深めることが一つ。

 

 

また生涯学習のユーキャンを利用して、アンガーマネジメントを学ぶこともできます。

生涯学習のユーキャンは、通信教育で唯一日本アンガーマネジメント協会認定講座を学ぶことができます。

自宅でゆっくり、自分のペースで学習できるのがポイント。

わざわざスクールに通って学ぶ必要がないので、手間もかかりませんね。

 

キレる老人にならないためにアンガーマネジメントを学ぼう

年をとるにつれて、体や脳の機能が衰えていくのは自然なことです。

でも自分で防げるなら、できるだけ予防策をやっていきたいですよね。

脳を使い続けるとともに、アンガーマネジメントを習得することで感情をコントロールできるようになりましょう。

あの人すぐ怒るからイヤだなんていわれないよう、老人になってもにこやかに過ごしていきましょう。