介護転職

介護でうつ病になっても復職できる?

うつになっても介護に復職できる?
介護でうつ病になっても復職できるのかなぁ?うつ病になるとなかなか職場の理解って難しくなりそうだよな。症状が落ち着いてきたから、働こうかなって思うけど・・・

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護でうつ病になっても復職できる?
  • うつ病から介護へ復職するときに注意すべきこと

介護の仕事15年以上ココパパです。

介護は人相手の仕事なので、燃え尽きてうつ病にもなりかねません。

うつ病になったらゆっくり休むのが一番ですが、症状が落ち着いてきたらまた働きたいなと思うようになりますね。

でもうつ病になったら、復職するのは難しいのでしょうか?

結論から言いますと、うつ病になっても復職することはできます。

しかし隠しているのが不安なのであれば、初めからうつ病をオープンにして就職活動を行うことをおすすめします。

いずれにしても、うつ病があっても復職は可能なので安心してください。

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護でうつ病になっても復職できる?

介護でうつ病になっても復職できる?
ココパパ
ココパパ
介護をすると相手に熱心に寄り添ってしまい、自分自身が燃え尽きてしまうケースがあります。私自身もうつ病になりました。

 

うつ病になるとなかなか仕事へ復帰することは難しそうですが、ムリなわけではありません。

しばらく休暇期間をとって症状が落ち着いてくれば、短時間から働き始めることもできます。

もしくは初めからうつ病をオープンにして働くという方が、ムリなく働けるという場合もあります。

いずれにしても、あなたがムリなく働けそうだなという方法で転職活動をしましょう。

 

介護でうつ病になってしまう

人相手の介護の仕事は、相手に寄り添いすぎて自分を顧みず、燃え尽きてしまう人が少なくありません。

 

もう介護したくない・・・やりたくない・・・

 

うつ病になると理由もなく涙が流れてきたり、夜眠れなくなってしまったりと心身ともに体調を崩してしまいます。

 

ココパパ
ココパパ
私は燃え尽きて、夜ほとんど眠れなくなったり、朝仕事へ行くときに涙が流れてきてヤバイと思いました。

 

仕事に行くのが苦痛に感じるようになったら、心療内科や精神科の受診を考えましょう。

燃え尽きてしまうと復活までものすごく長い時間がかかるので、できるだけ早い段階で治療を行った方が良いです。

また働けなくなって収入がなくなるので、傷病手当金や自立支援医療制度など、活用できる制度はどんどん使っていきましょう。

傷病手当金や自立支援医療制度については、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

介護福祉士はうつ病になりやすい?
介護福祉士はうつ病になりやすい?使える制度を紹介介護福祉士はうつ病になりやすい?熱心な人が多く、燃え尽きてしまうことのある介護の仕事。うつ病になったらしっかり休んで、傷病手当など使える制度は使いましょう。うつ病かなと思う介護福祉士さんは必見です。...

 

うつ病になったらしっかり休もう

ココパパ
ココパパ
うつ病になると気持ちが焦って、何かやらなきゃと不安が募ります

 

うつ病と診断されて治療を受けている間は、とにかくゆっくり休むことに専念しましょう。

 

  • 薬をちゃんと飲む
  • 生活リズムを整える
  • 三食きちんと食べる
  • 適度に運動する
  • 夜はしっかり眠る
  • 他の人と比べない
  • 焦っても意味がないことを知る

うつ病になると何もする気が起きませんが、そのうち焦ったり不安が頭の中をぐるぐる廻ったりします。

でも焦っても症状が良くなるわけではないので、しっかり休むことに専念しましょう。

薬をしっかり飲んだり、夜眠るなど基本的なことを日々続けていくことが大切です。

ポイントは、焦らないことです。

 

うつ病になっても復職はできる

さてうつ病になって少し症状が落ち着いてきたら、あなたは復職を考えるかもしれません。

 

うつ病になったら、復職は難しいんじゃない?

 

確かにうつ病になると空白期間ができますから、面接のときに何て言うか戸惑ってしまいますよね。

 

うつ病を隠して転職するなら、あえてその期間に触れなくても良いです。

専業主婦をしていたや、自身のスキルアップのための勉強期間にしていたなど理由を考えておきましょう。

 

 

ハローワークなどで仕事を探すとなると、うつ病をオープンにして見つけるのはかなり大変なことです。

障害者枠などで見つけられる場合もありますが、賃金がガクンと下がってしまう場合もあります。

おすすめなのは、うつ病をオープンにして就職する転職エージェントを利用することです。

うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】では、うつ病に特化した方への就職をサポート。

対象地域は、下記に該当する方になります。

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県



パーソルチャレンジ・ミラトレでは、うつ病などがあって就労がなかなかできないという方へサポートしてくれます。

支援員が一人ひとりのヒアリングして、個別の支援計画を作って就職までサポートします。

就職後も企業とのやりとりで困ったら相談できるので、安心です。



うつ病から介護へ復職するときに注意すべきこと

介護でうつ病になっても復職できる?

うつ病をオープンにするか、隠して転職活動をするかはあなた次第です。

でも個人的な経験から言いますと、いずれのケースにしても復職する際は慎重にすべきです。

焦って仕事を頑張りすぎて、またうつ病の症状が悪くなることだってあります。

ここでもポイントは、焦らないことです。

 

焦らない

ココパパ
ココパパ
症状が良くなってくると、早く普通になりたいと焦ってしまいます。私自身、それで何度か失敗しました。

 

病院に通ってしっかり薬を飲んで、毎日生活リズムを整えているとだんだん症状が良くなってくるんですよね。

それはとても嬉しいことなんですが、そこで気持ちが焦ると逆効果です。

 

  • また以前のようにバリバリ働けるようになりたい
  • もう自分は元気になったし大丈夫だ

 

自分で勝手に薬をやめてしまうと、また不安が大きくなったり焦ったりして症状が悪くなります。

もう大丈夫と過信しすぎずに、復職に関しても医師によく相談しながら決めていくようにしましょう。

また他人と比べても何も意味がありません。

あなたはあなたの人生をゆっくりと歩んでいけばよいので、周りのことは気にせず進んでいきましょう。

 

三歩すすんで二歩さがる

復職がうまくいったから、資格の勉強もはじめよう。それからスポーツ教室にも行ってみよう。

 

ココパパ
ココパパ
前進前進ばかりだと疲れてしまいます。ちょっと立ち止まって休んだり、少し戻るぐらいの気持ちでいると安心です。

 

調子が良いと、なんでもやってみたい気持ちになるんですけど、あまりやりすぎるとキャパオーバーになります。

自分がどれぐらいのキャパか知ることができると、もうこれ以上はやめておこうという判断ができるようになります。

その辺は失敗を重ねながら分かっていくので、最初からなんでもうまく進むとは思わない方がいいでしょう。

 

ココパパ
ココパパ
気楽にゆっくり進めばいいですよ

 

うつ病はオープンでも隠してもOK

ココパパ
ココパパ
うつ病についてはオープンでも隠しても大丈夫です。でも隠すと自分が辛くなる時もあるので理解しておいてください

 

隠して転職活動すると、普通の人と同じ条件で転職ができます。

給与を下げられることもありませんし、条件が悪くなることもありません。

その代わり仕事は他の人と同じ条件でやらなければいけないので、うつ病でしんどいなと思っても職場では相談できないというデメリットがあります。

医師に言うと、オープンにした方が良いと言われるかもしれません。

しかしそうするとハローワークなどでは条件が悪く、探しづらくなってしまいます。

オープンにするならば、うつ病に特化した転職エージェントを利用した方が良いです。

うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】で転職活動をするメリットは、転職先がうつ病に対して理解があるということです。

うつ病に理解があるかないかで、条件が全く変わってくることは分かりますよね?

 

  • 就職しやすい
  • 就職した後も働きやすい
  • 通院などで休みもとりやすい

 

定期的な通院で休みをとらなければいけないので、そういった点でもうつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】などを利用するのが良いですね。

 

うつ病から介護へ復職しよう

うつ病になったからといって、復職できないなんてことはありません。

ただし焦って働く必要はないので、あなたの症状をみながら医師と相談しながらゆっくり進めていきましょう。

復職した後も、また頑張って働きすぎて症状が悪化する恐れもあります。

そうならないために、自分のキャパを知って、必要以上に頑張りすぎない勇気をもつことも大切です。

他人と比べず、あなたの人生をゆっくりと歩んでいきましょう。