介護の悩み

介護の夜勤は楽なのか?職場によって全然変わる

介護の夜勤は楽なのか?職場によって全然変わる
介護の夜勤って楽なのかな?お年寄りがみんな寝てれば、やることってそんなにないよね?少し仮眠とったり、楽できたらいいなぁ。

 

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 介護の夜勤は楽なのか?職場によって全然変わる
  • 楽な夜勤をしたいなら介護の職場を選ぼう

介護の仕事15年以上ココパパ(@coco_883)です。

介護施設やグループホームなどでは、夜勤業務をする介護職員がいます。

夜勤の主な仕事としては、施設などに泊まっり夜間帯に介助したり何かの時に備えたりします。

夜勤が楽かと言われれば、働く施設によるというのが本当のところです。

施設の入居者が自立度の高い人が多ければ、介助することも少なくて業務自体は楽になります。

でも夜勤を舐めてると、あなた自身が大変な目に遭うので覚悟しておいてください。

 

介護の転職を考えているならかいご畑がおすすめです。働きながら0円で資格をとることもできます。また担当者がついて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

介護の夜勤は楽なのか?職場によって全然変わる

介護の夜勤は楽なのか?職場によって全然変わる

夜勤が楽かどうかは、働く職場によって違います。

理由としては、施設にいるお年寄りがどの程度の介助量が必要かによって全然変わってくるからです。

あなたがこれから働く職場で、何人のお年寄りを何人の夜勤職員でみるのか。

よく確認しておかないと、えらい目にあうので気を付けましょう。

 

お年寄りの介助量により違う

ココパパ
ココパパ
夜勤が楽か否か。答えは、職場の状況次第です。

 

施設などで暮らしているお年寄りが、手のかからない人が多ければ楽になります。

反対に寝たきりでオムツ交換など介助する量が多くなれば、それだけやることが増えて大変になります。

どういったお年寄りが暮らしているかによって、夜勤の業務量も変わるという訳です。

一般に、特別養護老人ホームなどの介護施設は要介護3以上の方でないと利用できません。

なので介助する量も多くなるので、高齢者の人数の多い特別養護老人ホームなどは大変です。

ただし職場によって違うので、確認することが大切です。

老人ホームの仕事については、下記の記事に詳しく紹介していますので参考にしてください。

 

介護の仕事内容って?老人ホームでやることをくわしく紹介
介護の仕事内容って?老人ホームでやることをくわしく紹介介護の仕事内容って?老人ホームでの仕事を紹介します。介助以外にもやることの多い施設介護職員。しっかり職場を選ばないと、やることが多すぎて大変です。スケッターなどを使って業務の棲み分けをしているところもあります。老人ホームでの仕事内容を知りたい介護士さん必見です。...

 

お年寄りと職員が何人いるかによって違う

ココパパ
ココパパ
そしてもう一つ大切なのは、夜勤の職員が何人いて、何人のお年寄りを見なければいけないかです。

 

  1. 例えば20人お年寄りがいたとして、あなた一人で夜勤を行わなければならない場合。
  2. もう一つは30人お年寄りがいて、あなたともう一人夜勤職員がいる場合。

後者の場合は、夜勤1人あたりのお年寄りの数は15人です。しかも夜勤が2人いるという安心感があります。ところが前者では20人をあなた一人でみなければいけません。

 

おまけに夜勤もあなた一人なので、何かあったらあなたがすべて対応しなければいけなくなります。

上記の例のように、お年寄りが何人入居していて、その方達を何人の夜勤職員でみるかによって大変さが全然変わってくるのです。

 

https://sophiapapa.com/kaigo-yakin/

 

人数が多くても平和な夜もあるけど・・・

ココパパ
ココパパ
たとえ20人を一人の夜勤職員でみなければいけない場合であっても、平和な夜もあります。

お年寄りがみんな静かに安眠していれば、必要な排泄などの介助をすれば良いだけだからです。

 

昼間みたいに皆が起きていて、やれ水分だ入浴だというケアはしなくてよいのですから。

ところがお年寄りの中には時間の感覚がなく、夜間でもバリバリに目覚めている方もいます。

 

あれ、もう12時じゃん。そろそろお昼でしょ?

 

介護士
介護士
夜中の12時ですよ・・・。

 

夜間眠れないとナースコールを押したり、何度も部屋から出てきたりする人もいます。

ずーっとついている必要はないですが、何か用があった時は対応しなければいけません。

日によっては眠れないという人もいるので、起きている人が多かったり、不穏にな人がいたりする時は大変ですよね。

 

緊急時の対応があるとさらに大変

ココパパ
ココパパ
お年寄りの多くは病気を抱えているので、体調を崩しやすいんですよね。

夜間急に具合が悪くなって、救急車を呼ぶようなケースも珍しくありません。

 

  • 様子がおかしいことを確認
  • 楽な体位を取らせるなどできる対応をする
  • 看護師に連絡
  • 必要なら救急車を呼ぶ
  • 家族にも連絡

 

夜勤はただでさえ人が少なく聞く人がいないので、あなたが判断して行わなければいけないこともでてきます。

その辺は、お年寄りや職員の数によっても大変さは変わります。

あなたのほかに夜勤職員がいれば、協力を仰ぐこともできますし、気分的にも安心感がありますよね。

 

楽な夜勤をしたいなら介護の職場を選ぼう

介護の夜勤は楽なのか?職場によって全然変わる

夜勤の大変さは、職場によって異なります。

比較的自立している高齢者が多ければ、介助が少なくなるので楽かもしれません。

反対に介助量が多い高齢者がたくさんいる施設だと、単純にやることが増えて大変になります。

なのでできるだけ楽な夜勤をしたいなら、職場を選ぶ必要があるのです。

 

高齢者の人数を知る

ココパパ
ココパパ
夜勤の時に、何人のお年寄りを見なければいけないかを知りましょう。

 

規模の大きい特別養護老人ホームなどでは、夜勤1人が20人以上のお年寄りを見なければいけないところもあります。

あなたが対応できれば良いですが、そんなにみられないというなら、もう少し規模の小さいところを探しましょう。

中には高齢者の数が、10人以下という施設もあります。

あなたが働きたい施設に、どのぐらいの人数の高齢者がいるか把握しておきましょう。

 

夜勤手当を確認しよう

夜勤をすると、一般的に手当がもらえます。

手当の額は職場によって様々で、数千円から1万円近いところまであります。

ポイントは、手当の額は夜勤の大変さには比例していないということ。

めっちゃ大変な夜勤でも、手当は3,000円というところもありますし、楽な施設でも1万円近い手当が出るところもあります。

それは会社の職務規定で決められているので、どうこうできるもんでもないんですね。

でもどうせやるなら、手当の多い方がいいですよね?

なので転職する際に、夜勤手当の額がどれぐらいになるのかを知っておきましょう。

 

介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?
介護福祉士の手当はいくらぐらい?ない職場もある?介護福祉士の手当はいくらぐらい?相場は5,000円から15,000円です。しかし資格手当がないという企業もあります。手当があるかないか情報をしっかり集めておきましょう。介護福祉士の手当について知りたいあなたは必見です。...

 

楽な夜勤をしたいなら介護の仕事を選ぶべき

できるだけ楽な夜勤をしたいなら、これまで書いてきた事を参考にして施設を選びましょう。

その施設にいる高齢者が何人ぐらいなのかなど、転職先について情報をたくさん得られるかがカギになってきます。

職場の雰囲気などは分かりづらいですが、転職エージェントを利用すると担当者があなたの代わりに情報収集してくれます。

担当者に何でも質問してできるだけ職場の情報をゲットしましょう。

おすすめの転職エージェントは、3つあります。

 

 

上記3社は、大手の介護転職エージェントであり、紹介実績が数多くあるという安心感があります。

また介護の資格講座取得が0円になる制度もあるので、利用した方がゼッタイお得です。

 

かいご畑

かいご畑は、地元の求人探しを応援してくれるたのもしいエージェントです。

かいご畑のおすすめポイント
  • 資格なし&経験なしでもOKの求人が多い
  • 短時間や残業なしなど条件に合わせて選べる
  • 専任のコーディネーターが就職までサポート
  • 全国6,000件以上の求人を紹介している
  • 介護資格を実質0円でとることができる

 

かいご畑は介護の資格をもったコーディネーターがついてくれて、就職までガッチリサポートしてくれるのがありがたいですね。

 

カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護業界に特化した長年の実績があり、他社にはない高案件があります。

カイゴジョブおすすめポイント
  • 月間40万人以上が利用しているマザーズ上場企業
  • 介護業界に特化しているので信頼できる
  • 月25万円以上など高給与の求人も多数
  • 職員が寄より良い転職をサポートしてくれる
  • 就活フェスなどで職場の雰囲気など教えてくれる

 

カイゴジョブは上場企業ですし介護業界に特化してきたという、絶大な安心感があります。

きらケア

きらケアは、あなたの希望に沿った仕事を見つけやすい転職エージェントです。



きらケアも、専任の担当者がついて転職後までしっかりサポートしてくれます。

 

きらケアおすすめポイント
  • 年間累計利用者数80万人の実績
  • 専任の担当者が就職した後までフォローしてくれる
  • 給料の日払いや週払い制度にも対応
  • 無料の資格取得支援制度あり
  • 職場見学することも可能

 

きらケアは派遣もあるので、副業をしながらサクッと働きたいあなたにピッタリです。

 

夜勤を楽にこなして介護を楽しもう

きついイメージのある夜勤ですが、職場によっては比較的楽な業務内容のところもあります。

そう言った職場を探せるかが鍵なので、職場選びは慎重に行いましょう。

夜眠れないというだけでもしんどいですし、排泄介助の人数が何人もいるとなるとかなり肉体的にもしんどいですよね。

長く続けたいのであれば、あなたのキャパをオーバーしない程度の業務量の施設を探しましょう。